So-net無料ブログ作成

今年も12月は、CSで特撮祭り♪ [特撮系]

2000年は、仮面ライダークウガで、キチガイジミタ感想を撒き散らし、
2002年は、仮面ライダー龍騎で、オカシイ人を露呈し、
2003年は、仮面ライダー555で、クリーニング店に転職しようか?とか、訳わかんないことを考え出し、
2004年は、デカレンジャーで、年甲斐もなく、ほーじぃー、ほーじぃーと(?)叫びつつ、何かあっちゃぁぱーふぇくと、と怪しい日本語英語を駆使しまくりーの。
2006年は、ボウケンジャーで、”そうそう、そーた!”なんて、アホ丸出しの台詞を、恥ずかしげもなくほざいていたワタクシですが(ヲイヲイ)

2007年は、史上最弱ヒーロー(っていわれてるけど、多分精神的に最強かも?)の仮面ライダー電王にはまっている今日この頃。
段々はまり具合が、オカシイ人の域を飛び出して、すでに、かわいそうな人のレベルに達してることは、本人自覚してますので、見てみないフリをしてやってください、ハイ(待て)

そんなワタクシのお楽しみ、特撮祭りが、今年も12月CSでOA♪

毎年、8月と12月は、CSフル稼働の月となります(過去エントリ参照)

今年の12月は、東映チャンネルで、電王(20話~)一挙放送と、過去のレンジャー系Vシネ作品一挙放送が目玉。
テレビ朝日チャンネルでは、ゲキレンジャーの後半一挙放送が目玉でしょうか?

他にも、特撮で語るならば、TBSチャンネルで、ウルトラマンメビウスとウルトラマンダイナの一挙放送もありますので、お見逃しなく!

そんなCSの12月ラインナップに、こうご期待!
(あ、期待してんのはワタクシですね、ハイ、ご名答)

スカイパーフェク TV (ティービー) ! ガイド 2007年 12月号 [雑誌]

スカイパーフェク TV (ティービー) ! ガイド 2007年 12月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2007/11/24
  • メディア: 雑誌
仮面ライダー クウガ Vol.12

仮面ライダー クウガ Vol.12

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2001/11/21
  • メディア: DVD

 

仮面ライダー龍騎 Vol.12

仮面ライダー龍騎 Vol.12

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2003/11/21
  • メディア: DVD
 
仮面ライダー555 Vol.13

仮面ライダー555 Vol.13

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2004/09/21
  • メディア: DVD
特捜戦隊デカレンジャー VOL.12

特捜戦隊デカレンジャー VOL.12

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

人の記憶の中から消え行く侑斗。。。 [特撮系]

今日の電王、あまりに哀しすぎて、とりあえず、感想。。。書けねぇ~(号泣)

じゃあ、エントリすんなって言われそうですが、でも、ホント、ユウトが消費してるのは、人様の記憶の中にある、自分自身の存在だったのね。。。
っつか、それがなくなって行くって、すんごい哀しいことだよね。。。

ワタクシも、成瀬名義で小説書いたとき、書き手なら、絶対一度は誰もが挑戦したいと思う(はい?)記憶喪失ネタに、手を出したことがあります(残念ながら、今現在未完ですが<死)

で、そのとき、忘れちゃう方が哀しいのか、忘れられちゃう方が哀しいのか、って考えたんですけど、今回の電王見てて、これまた別パターンの記憶喪失系だな。。。と。

でも多分、一番哀しい、記憶喪失パターンとオモワレ。。。

って、このまま終わっちゃうわけじゃないんでしょうけど。

とりあえず、ユウトがあまりに潔くて、あまりに哀しかったんで、書かずにいられなかったのですが。。。

まずは、落ち着け自分。。。

ってことで、また落ち着いたら、ちゃんと書こう。
多分今ワタクシ、日本語、かーなーり変。
自覚はありますので、出直してきます。

ええ、ウラタロスが良太郎より、リュウタを心配するとこみて、ヲイヲイまずは本体の良太郎では?
と、苦笑しながらも、良太郎はモモタロスが受け取ったから、それでいいのか?
とか、しょうもないことを、頭の端っこで考えてましたが、それらを消し去るくらい、ユウトー(叫)と、デネブさんのように、叫びそうになったワタクシがここに。。。(近所迷惑だから、やめとけ。。。)

さて、来週もまだ9月展開月間中なんで、びびりまくりですが、ガンバレアタシ。
いや、アタシが頑張っても、なんの意味もないけど(大笑)

そうそう。来週といえば、ハナさまがコハナさまになってた。
ハナさまの体調がすぐれないのが、まだ解消に至ってないので、仕方のないことかもしれませんが、ハナさまの復帰を、心より願っております。

なにせワタクシの面食いな甥っ子は、ハナさまと愛理さんとナオミちゃん、誰が一番好き? って聞いたら、「ハナさん」と、即答でしたからね。
再び、ハナさまのおみ足が、デンライナーのテーブルに、どかんと落とされるシーンを、楽しみにお待ち申し上げております。

やはり、人間何かを得るってことは、何かを失うってことなんだな。。。
と、考えさせられる今日この頃。

でも、失ってしまうものと、得るもの。
その間に立って、最後までなにを残すかが、その人の価値を決めると思うんで、ハナさま(ってか、白鳥さん)がなにを残すのか、・・・残したいと思うのか、ご自身でゆっくりと考えて、結論を出される環境にいてくださることを(すごい、今の状況じゃ、難しいとは思いますが)望んでやみません。

外野は黙ってろ!なんて、(ホントは、そういう気持ちだけど)ワタクシはびびりなんで言ってあげられないし、なにもできませんが、せめて、静かにしていることだけは、ワタクシにもできることかな? なんて、思いました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

インテの夏は、暑かった。。。(らしい) [特撮系]

まずは最初にお断り。
このブログ管理者は、あんまりその世界のことを存じ上げないので、どうぞいろんなところに、激しい突っ込みはしないでやってください。

多分ワタクシの友人Lちゃんは、そういう世界のルールもきっちりわかってて、だからこそ、決してここには表立って現れることはないので、ワタクシが日常世界で親交のある友人談ってことで書いているだけですので、かるーく流していただければ、大変助かります。
どうぞ、よしなに。。。

さて、前ふりは、とりあえず、そんな感じでお願いしますってことで。

本題。
電オーってか、メビやレンジャーも含むから、まあいうなれば、明らかに特撮ヲタ仲間のLちゃんから、メール来てました。

いつものごとく、超短文メール。
あまりに短文過ぎて(ジャニヲタ仲間とは、超長文メールがデフォなんで、短文慣れしてないアタシがここに。。。)時々ワタクシって、Lちゃんに嫌われてるの??って疑いたくなるくらい(←ごめん、冗談だから。あなたの愛は、いつもひしひしと感じてる)ここに簡潔きわまれり。。。位の勢いのメールだった。

多分彼女は、「?」と「!」だけの手紙を送りあった、世紀の文豪に、飽くなき挑戦をし続けてるとオモワレ。。。(嘘です、ごめん。わかりにくい比喩で重ねてごめんなさい)

それはさておき。

数日前のエントリにもかいた、9月2日にインテ参戦してきたLちゃんからのメール。(またまた、この時点でわけわかんない健全なみなさまは、見なかったことにして、今日のエントリを流してください(はい?))

『インテの夏は、暑かった。ついでに、買った本も厚かった』

だそうで(爆)

それは、一冊の厚さではなく、総合計の厚さだそうですが(帰ってきてから、部屋の床に重ねておいたら、軽くタワーになったっていってた。一体何冊買ったんだ??(恐))それを自慢気に写メする暇があったら、会場でダブアクかかってお尻振ってたあなたの暴走行為(←やってたらしい。アタシは見てないが、本人談)を、部屋で反省してなさいと、言いたくなったワタクシは、鬼ですか?(苦笑)

ちなみに、行く前から言ってた、ワタクシへの土産っていいながら、実は自分が好きなジャンルだけかって、あとであんたは好きそうなのだけ見れば。。。だそうで(大笑)

それって、おみやげっていわねーんじゃねぇの?

って突っ込みだけは、心の中で、しておいた。(いや、ここで書いた時点で、ばれてるけどさ)

しかも、あんたの好きそうなのって、そんなのインテとかいったことねぇワタクシには、わかんねぇって!
オススメを、何冊かでいいよ。
って返事したら、オススメありすぎて、えらべん。
と、断られた。

ってことは、アタシにそれ全部(写メでみた、タワーの本たち)読めってか?
っつか、あんた、すでにそれ全部読んだのか?(いや、まだ全部は、どう考えても、無理だろう。。。)

と、半ば混乱しつつ、わかった。
とだけ、返答しておいたのですが。。。

とりあえず、自分が全然違うジャンルっちゅーか、趣向の本だしたときですら、自分が書いた作品のくせに、印刷やさんからあがってきた分に、最後の校正しか入れないで、製本、搬入、販売の、なに一つ手伝わなかったワタクシに、その世界のナニを語れるってことはないけれど、それでも、コレだけは言わせて。

ワタクシ、(今のところ)特撮で書く気はないから!(大笑)

いやね、彼女がメールの最後に、読んだらあんたも書きたくなるよって書いてて、もしかしてワタクシ、彼女の策略に落とされそうになってる??って思ったもんで、とりあえずここで宣言しておいた(げふっ)

確かにワタクシは小説書くのが趣味(?)ですが、今のところ、他ジャンルに手を出す気ないし、今自分が書きたいモノだけで、手いっぱいです、ハイ。
(それすら、全然書く時間追いついてないんだから(墓穴))

というわけで、ここでインテ参戦してた人は、ほとんど皆無と思われますが(一応、ワタクシ自身は、表立ってそっち方向には、まだ走ってないですからね。。。)もし、行かれていた方、おられましたら、お疲れさまでした。

さて、一応”おみやげ”と冠して買ってきてくれたらしいので、Lちゃんへのお礼は、オロナミンCでも、おくっとくか?(大笑)

そうそう、今年も映画で、王子がちゃんと飲んでましたね、手酌しで(ヲイ)
去年の映画は、たしか、カブトのエンディングで飲んでたってか、水嶋くんのテーブルの前にしっかり鎮座してた気が。。。
とりあえず、大事なとこは、きっちり押さえてるってことで。
ファンも、お金落とすなら、そこにお落しとくってことで、おっけぇ?→Lちゃん


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

行っといで。。。(Byウラタロス) [特撮系]

みなさま、今日の電王ご覧になりました?(←なんでそんな、奥様口調?)

『 はい、行っといで。。。 』

ですよ!(興奮)

そんな、遊佐さんのいい声(しかも、優しげ)で、ウラタロスに、ほほえまれながら(←決して、表情は動いてないが(大笑))その上、ひらひらと、手を振りながら言われたら、ワタクシ

「 ハイ、逝ってきます!(力一杯) 」

状態に、なります、ハイ♪
(っつか、世のため、人のために、逝っとけ→自分)

釣る気がなくても、ワタクシは、勝手に釣られていました、ハイ♪

イヤ、ホント。
今日の電王31話は、驚異的でした。

なにが驚異的って、多分、けんかのリュウ儀の時も思ったことなんですけど、リュウタとユウトの回(←勝手に?)だと、そこにそこはかとなく、普段は空気にとけ込みそうな(おいこら、待て)ウラタロスが、きっちりおいしいところを持っていって(はぁ~?)そして、30分が、短い!
っつか、内容が、濃い!!

濃さで言ったら、前回の、画面の後ろで見切れていても、即座にわかってしまうくらいの、満点濃度まき散らしてる花火職人なデカブルー(By林剛史)に匹敵する、濃さだった!(それは、なんの比較だ??(げふっ))

とりあえず、ユウトのことは下のエントリで書いたから(まるで、未来日記のように、先週の水曜日に書いてたよ、ワタクシ(これも、ある意味驚異))今回はおいといて。(話し出したら、止まらないとも、言う)

今回は、なんといっても、リュウタですよ!
(いや、まずは、ウラタロスの台詞を一番に叫びたかったのは、本音ですが)

おねえちゃんの、自称(?)婚約者の登場で、一気にヒートアップ。

あわてて止めるモモタロスとウラタロスはデフォですが、
「リュウちゃん、シャボン玉ですよ~」
と、なだめるナオミちゃん、かわいすぎ(爆)

でも、リュウタは、どんだけ子供やねん(大笑)

しかし、子供だからって、女性を投げ飛ばしちゃ、いけません。
だから、キンタロスに椅子に投げ返されてたでしょ?(←ただし、キンタロスは普通に止めても、軽いリュウタなら、吹っ飛ぶとオモワレ)

けどけど。
やっぱり、最終的にリュウタを止められるのは、良太郎君でした~!!(さすが)

っつか、さすがって言ったら、驚異の18歳、佐藤健くん、ご本人様に、他ならないんですけどね。
だってね、ホントに、全部違う人に見える。。。

って、いつも言ってるたわごとは、おいといて。

リュウタ、今まで自分だけがよんで貰えてなかったこと、実は密かに、気にしてたんだね。。。
って、展開。
まあねぇ、よんでくれないから、勝手に現れて、好き勝手していくのか。
よんでもないのに、勝手に出てきて、好き勝手するから、よんで貰えないのか。

卵が先か、鶏が先か?
って、話になるんでしょうけど。

どっちだったにせよ、今回よんで貰えたことが、かーなーり(だから、それはユウトだってば)嬉しかったそうで。
でも、嬉しすぎたから、誰かに頼るってことを、ヨシとできずに、次回へ続く。。。

になっちゃったわけで。

モモタロスが、リュウタがよびさえすれば、自分たち3人は、ベストフレンドコーヒーがなくても、いつでもいけるって答えたときは、感動したけどさ(まあ、事実だろうし)肝心のリュウタがよばなきゃ、4人の心はそろわないんだよ~!!(涙)

というわけで、おそらく次週は、ユウトがデネブさんをリュウタの方へよこしてくれてたおかげで、最悪の結果は免れるんだろうけど、あの状態じゃ、リュウタはもちろん、本体の良太郎君だって、ただじゃすまないだろうし。
そんな現状で、ユウトは最後の一枚を使うしか、なくなるわけですな。。。

泣けるでぇ~。

ってことで。
でも、そこでホントに泣けて終わる分けないなんて、大人な読みをしてるワタクシって、ちょっぴりイヤな子?(苦笑)

いやいや。
でも、小林先生は、子供番組の限界に挑戦し続ける、アグレッシブなお方だから(←最大級の、賛辞のつもり)なにがくるかは、予測不能。

とりあえず、来週は、見逃すな。。。ってことで、シメましょうか。

って、ちょっと待て!

最後にこれだけ叫ばせて。

良太郎くんによばれて、もんのすごく嬉しそうに出かけていくリュウタ。
凶悪なほど、かわいかった。
多分、その辺の女子高生より、かわいかった。
あの、手のくねくね具合。
多分、ワタクシの人生において、あんだけリュウタ並にかわいく走っていくことは、できた試しがない(試したこともないが<死)

すげーよ、おぐらさん(リュウタのスーツアクターさん)

毎回、高岩さんのレベルの高さに、くらくらしてますが、今回はおぐらさんのリュウタに、メロメロ(はい?)

あの走りっぷりは、ボウケンジャー「初音の鼓」で、菜月大暴走な、ダイボウケンが、内股で走ってくるあれと、匹敵するくらいの、インパクトがあった!
(だから、ボウケンジャー見てなかった人にはわからない比喩をするな→自分。
でも、わかる方だけ、わかってください!
あの、ダイボウケンを一人で動かす菜月。
だったら、ほかのレンジャーいらねぇじゃねぇかって突っ込みが聞こえてきそうですが、それすら凌駕する、YOUインパクト大だよ~!って、ジャニーさんバリに言いたくなる、内股走りでした、ハイ)

そりゃ、ウラタロスも、あんだけのお声で、「行っといで」って言ってあげたく、なりますよね(納得)

と、話が最初に戻ってきたところで、やっぱウラタロスのお声は素敵で、それはいつも、リュウタがなぜか、引き出してるってことで、おあとがよろしいようで。。。
(どう考えても、その引きは、よろしくねぇだろ?→自分)

仮面ライダー電王 VOL.2

仮面ライダー電王 VOL.2

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/09/21
  • メディア: DVD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

侑斗(電王)が消費していくもの。。。 [特撮系]

本日は、仕事がシフトの関係で、お休み~、いえぇ~♪
久しぶりに、朝から晩まで家に一人だったから、したいこと、やりたい放題だった。
楽しかった(ヲイ)

(いや、ただ単に、ヲタ街道まっしぐらな一日だっただけだけど<死)

ちなみに、晩ご飯は、手抜きで餃子(待て)
残った餃子の皮は(←いつも目測誤って、種か皮かが残る。あれをばっちり分量決められる人に、出会ってみたい。。。)これまた残ってた油で、さっとあげて、明日のサラダに乗せること、決定(爆)
いや、大根サラダに、ハムと餃子の皮を細く切って揚げたのをのせると、おいしいパリパリサラダの出来上がりなんですよ~♪

そんなワタクシの一日はどうでもいいのですが。
本題へ、突入。

今日、電王ヲタ仲間と、ユウトが消費していくものって、一体なんだろうね?
って話をしていたんですね。

そりゃまあ、ゼロノスに変身するためのカードじゃんって返事が、聞こえてきそうですけど(苦笑)
しかも、残すところ、後一枚(爆)

そうではなくて。
予想だから、ネタばれじゃないよね。
と、前置きしてから書きますが。

だったら、ユウトがカードを使い果たしたとき、一体なにが起きるのか?
っていうか、使い果たしたら、ユウトはどうなるのか?
ってところが、全然まだ表にでてきてないじゃないですか?
っつか、ユウトがカードを使い果たすと、ゼロノスとしてはお役後免になるわけですから、ゼロライナーもいらない。
だとしたら、それはイコール、良太郎くんの最後にも、同じような状況が現れる可能性も秘めているわけで。。。(電王としての役目がすんだら、デンライナーにもいられなくなるってのと、同じ状況?)

通常、電王の世界ルールでは、普通の人が「おまえの望みを言え~」といわれて、イマジンと契約したら、イマジンクオリティで勝手に契約完了が、デフォ。
そして、強引な契約完了で、イマジンは過去に飛ぶ。

しかし、ユウトはデネブと契約してるけど、過去(もしくは未来)に一緒に飛んできて、あまつさえ、そこで長い時間滞在してる。
この場合、契約完了は、どの時点をもって、契約完了とするのかが、疑問。

いやいや、そもそもこの場合、勝手にワタクシ予想で、ユウトが未来(もしくは過去)からやってきてる子って話前提で書いてるんで、ホントに勝手な予想なんで、気にしないでください(おまえが気にしろ)

もし、デネブとの契約内容が、ユウト自身が良太郎(もしくは愛理さん)のいる2007年現在に飛ぶこと自体を、ユウトがデネブに指定しているのだとしたら、今の状況は、あり得る。
契約を果たすための、途上ってことで。

ただ、どちらにしろ、契約が果たされた、もしくはカードを使い切って、お役ご免となったときに、一体なにが起きるのか。
もしくは、なにも起きないのか。

そこが、激しく謎だね。
ってはなしをしてて。

で。
結局のところ、良太郎くんは電王だから、イレギュラーだとしても、ユウトは電王ではないから、普通の人間が、デネブ(イマジン)と契約することによって、今の状態をなしえているのだとしたら(ゼロノスに変身することも、ゼロライナーを誰かからあずかってることも)それによって、ユウトはなにを得て、なにを失っているのか。

そこが、激しく気になる。
ってところに、話が及びまして。

多分、ユウトが得ているのは、自分が良太郎くん(もしくは、愛理さん)のとこにとんで、今現在のゼロノスとして動けること、ってやつで、正解だと思うんですけど。(平たく言うと、時間の運行を守ることですが)
では、なにかを得ると言うことは、イコール何かを失うことにもつながるはず何で。
じゃあ、ユウトは、一体なにを失う、・・・もしくは、失い続けているのか。

そこを考えたとき、ユウトの得ようとするものは、時間の運行を守る力。
デネブ(イマジン)と契約することで、それをなしえているのだとしたら、完了したときに、デネブはユウトの過去時間を代わりに受け取るのが、本来のイマジンルールなわけで。
でも、そもそもユウトが、時間の運行をまもるために契約するのなら、その結果、イマジン(たとえデネブが良心の固まりのような存在であっても、イマジンであることに間違いはないので、イマジンルールは存在してるとオモワレ)に自分の過去の時間を与えるってのは、どう考えてもおかしい。
時間の運行を守るために、過去の時間をイマジンに明け渡すのであれば、それは本末転倒もいいところ。

だとしたら、きっとユウトは、もっと別のモノを条件に、デネブと契約し、ゼロノスになってるんだと考えた方が、妥当。

で、そこまで考えて、ならユウトが、良太郎くんのいる世界でゼロノスのユウトとして存在し続けることで、ユウトは、なにを消費しているのか。

ユウト自身の時間?

コレが一番、ワタクシは妥当な線だって、彼女と話してるときは、最初答えたんですけど、今ふと思った。

ユウト自身の記憶?

コレもありかも。

電王なだけに、時間も記憶もあり得そうで怖い。

前も、電王の最終回を、今から予想しただけで泣けてくる(そう、あの28話再びって感じ??)ってエントリ書いたのですが、今回は、ユウトの最終回(勝手に最終回にするな)を考えただけで、泣けてきました(ヲイヲイ)

いや、ホント。
まだ電王は後半戦残ってるのに、すでにこの時点で、残りカード1って(涙)
最初から、たった10枚かよ。。。
って思いましたし、途中ユウトが、残り8枚って答えるデネブに、多いのか少ないのか、わかんないけど。。。って、いったときも、

確実に、すくねぇよっ!

 って、大声あげて、つっこみたかったんですが、それがすでに残り一枚になるのが8月中にやってくるとは、思っても見ませんでした(号泣)

いずれ、その話題はくると思ってたけど、もうちょっと、先かな?って甘いこと、考えてました。

さて、あと残り1枚でどうなることやら。
つうか、今考えたんですけど、電王劇場版で、ユウトたちが色んな時間の良太郎君をゲットしてきてたわけですから、ユウトはゼロライナーで色んなとこにいけるんでしょ?
だったらさぁ、違う時間の自分に逢いにいって、カード取ってきちゃったら、どう?(←すでに物理的に破綻してることを考え出すワタクシ)

ホント、まだまだ話数のこってるので、この状況をどう切り抜けるのか、すごく気になるところなんですけど、ユウトみてると、555の巧くんを思い出して仕方がない。

なんでそんな風に思うのか、全然自分でもわからないんですけど、仮面ライダー555の最終回。

土手に寝転がって、空にかざした自分の手のひらを見つめる巧くんの、あの表情が、忘れられない。
本編はあそこで終わったけど、結局巧くんの残りの時間は、ものすごく少ないだろうことしか、こっちは想像できなくて、それで「自分にも夢ができた」っていう、あの台詞ってところが、泣かせる。(この時点で、555見てない人には全然わからなくてごめんなさい)

残りの時間が短いのわかってて、それでも夢ができたって、あんな笑顔で言い切れる巧くんと、なんだか色んなものをしょってる感じなのに、ものっそー普通にしてるとしか思えないユウトが、重なって見えるのかな?
そんな感じです。

さて、実際のとこ、どうなることやら? ですが、数ヶ月後、ワタクシのこの考えが、杞憂に終わってくれることを祈りつつ、次週、待て。。。
ってことで、最近電王熱を吐き出しに来てないから(←二度とくるな)ユウト話題に浸ってみました。

そんなこんなで、お休みの一日が暮れていく。。。(爆)

 

<<追記>>

って、上のエントリは、8月29日に書いたんですけどね。
9月2日に、追記書いてます。

なぜなら、9月2日OAの次回予告をみて、驚いた。
デネブが、ゼロノスになるために、ユウトが引き替えにしているモノを、話そうとしていた(びっくり)
やっぱりそうなんじゃん。
ただほど怖いモノはないって言うからね(←使い方間違ってる)

そうは問屋がおろさない、じゃないけど、ただで、かーなーり強いゼロノスになんて、なれるわけないんだから、やっぱユウトも何かを引き替えに、失ってるものがあるんだよ!(涙)

これぞ、次週、待て。。。

ですね(ってか、31話はリュウタがかわいすぎて、かわいそすぎた。。。(涙))


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

来月のPRINCECOLLECTIONは、高橋光臣くん♪ [特撮系]

毎日暑いのですが、みなさま、溶けていませんか?
ええ、溶けているのは、アタクシの頭の中のことです、わかっておりますとも。

そんなわけで、夏は特撮熱が毎年高いのは、どうしてなんでしょう??と疑問に思っておりましたが、多分地上波を始め、CSとかでも、夏休み中ってこともあり、特撮系の番組に力が入って、露出が高いからなんだなぁ~と、今更ながら、納得。

さて、本日のエントリに書いておりますが、来月のCS、TBSチャンネルのPRINCE COLLECTIONは、ボウケンレッド、・・・ってか、チーフの高橋光臣くんでございます♪

ボウケンジャー熱が、こないだの映画見て、またふつふつとわいているこのときに、なんてバッチコイなタイミングなんでしょう~!と、勝手に喜んでおりますが、ボウケンレッドの魅力を、徹底解剖してくださるそうです(クラブスカパーの冊子に書いてた(笑))楽しみだな~。

ちなみに、初回OAは、9月23日です(再放送あり)
詳細は、TBSチャンネル、HPをご覧ください。

さて、ボウケンレッドといえば、明石チーフ。
明石チーフといば、最近の特撮ヒーローには珍しい、昔タイプのレッドでしたが、多分30周年の回帰として、明石チーフタイプのレッドになったんだろうなぁ~って思いました。

最近のヒーローは、どっちかっていうと、一般人に近しい、孤高の人ってタイプじゃなくて、自分のとなりにいてくれそうな、気のいい優しげな、でもやるときはやるタイプのおにいさんだったと思うのですが、明石チーフは、多分気軽に彼の肩をたたくことなんて、できやしない、あこがれの人タイプのレッドでしたね~。
(ちなみに、甥っ子は怖いもの知らずなんで、高橋くんってか、甥っ子の中では明石チーフなんですが、舞台見に行ったとき、握手会で写真とってもらいながら、勝手にアタックを一緒にやってほしいとお強請りしたらしく、普通にやってもらってました。
やっぱ無邪気な子供が、最強?(うらやましかったと、素直に言え→自分))
まあ、それがある意味、最近の特撮にしては、新鮮だったのですが。

とりあえず、ワタクシは蒼い子趣味なんで、レッドの話題をそれほどまき散らしてはないのですが、それでもやっぱり、明石チーフはかっこよかったです。
あんな上司がいたら、シアワセ(って、そっちかい)

まあ、金魚になったときと、風水の時だけは、大笑いしましたが、基本的に、あの声がものっそ~素敵。
そして、すごく、傲慢にもとれる、「俺が命令したんだ~!」(だから、おまえらは黙って、俺の言うとおりにしていれば、いいんだ~!)的な、俺様(いや、俺様は、エイジだったけど)発言が多い割に、なぜか、そのことに全然むかつかないのが、不思議(爆)

ってか、そんな明石チーフに、自分の使命に実直なさくら姐さんならまだしも、あの一癖もふた癖も(いやいや、10癖くらい??(ヲイ))ありそうな、っていうか、絶対にある、蒼太くんが、すなおーに、従ってるだけで、すでにすごいことだって認識が、すでに、ボウケンジャーの4話目で、ありましたから。

だから、やっぱり明石チーフの、あの声と、あの雰囲気に、みんなやられてしまうんだろうな~と、勝手に想像。

高橋くんご本人さまも、8年もラグビーやってたスポーツマン(だから、芸能人大会の時、総合2位だったし、水少年にもでてたんだろうな~)なんで、そういう一本筋の通ったところがあるから、あの、明石チーフがやれたんだろうな~って思います。

そういった、想像の部分を、埋めてくれそうな番組に、期待♪

ちなみに、TBSチャンネルは、現在メビウスが毎週OA中。月額費も東映チャンネルより全然やすいんで、まだとっておられない方は、是非~♪

超忍者隊イナズマ!! SPARK

超忍者隊イナズマ!! SPARK

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2007/07/21
  • メディア: DVD
☆歴代レッド2名が、夢の共演♪

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

轟轟戦隊ボウケンジャー<劇場版>最強のプレシャス [特撮系]

「自己満足でも構わない。
生きている以上、前に進むしかないし。
やっぱり自分も、笑いたい。」

2006年度のレンジャー作品は、ワタクシにとって、この蒼太くんの台詞につきました、ハイ。

っつか、ボウケンジャーTask23での、色々あった蒼太くんの、自分の過去と向き合って、それを引き連れたまま、それでもなお、それを背負って、たとえそれが自己満足だといわれようとも、自分の目の前にいる人を、守りたいっていう、この覚悟を決めた台詞に、ワタクシは、ものっそいズキュン(はい?)と、来ました。

人間、生きてると色々あります。
色々あるけど、それでも。
ワタクシも、ホントに、”やっぱり自分も、笑いたい” です。

というくらい、なんやかんや言いながらも、ライダー系はしっかりみていても、レンジャー系には、さほど酷い(←あくまで、当社比(爆))はまりかたをしてない(つもりの)ワタクシですが、昨年のボウケンジャーは、かーなーり(ゴメン、ユウトはライダーだ(苦笑))好きでした。

ってか、甥っ子は、運良く当たった舞台の2列目で、彼らのステージを見るために、レッドとブラックのは、ちゃんとSGS(Search Guard Successor )ジャケット買ったのに、なんでワタクシの大好きな蒼太くんってか、ブルーのジャケットだけ、買わなかったんだ!!と、未だに憤慨しております。
いや、買ったところで、着れないだろ?って突っ込みが聞こえてきそうですが。
なんの、なんの。

ライダーベルトのところにも書きましたが、子供向け商品でも、大丈夫(笑)
ちゃんと、着用できますよ。
ってか、子供用130サイズのブルゾンとか、ジャケットなら、着られます!
(実験済み)

ただし、着られたところで、着ていくところが、ないけどね。
さすがにこの年で、人妻がそれを着て歩いたら、自由すぎるだろ?(げふん)

さて、そんなこんなはさしおきまして。

ちょうど去年の今頃、映画館で見て参りました
「轟轟戦隊ボウケンじゃー<劇場版>最強のプレシャス」
でございます。

去年の夏、劇場でみたんですけど、甥っ子つれての保護者状態で行きましたし、ほら、劇場もお子さまいっぱいで、見てることはみてるけど、そんな落ち着いてみれるような状態ではなかったので、毎年おなじみの、CS東映チャンネル夏スペシャル(と、ワタクシが勝手に読んでいる)のお世話になって、CSでゆっくり視聴いたしました♪

いや~東映チャンネルって普段の月額費用高いから、敬遠しがちなんだけど、毎年8月だけは、月額費用の方が、安っ!って思えるラインナップしてくれるから、助かってます♪

というわけで、ご存じなかった皆様、おられましたら大急ぎで東映チャンネルご契約ください。
(ネットからなら、翌日には視聴可ですよ♪)
まだ、再放送分があるんで、あと1週間、レンジャーとライダーの劇場版(2005,6年度)と、Vシネ版が、視聴できますぞ♪
そうそう、お楽しみのメイキングもあり!!
ついでに、電王の1~20話も、10時間一挙放送です!
(もっと、話がそれるけど、ライダー555が、来週の火曜日からOAされます♪毎週2本ずつ。久しぶりに、たっくんに逢えますな(笑))

って、また話がそれた。

というわけで、今回、一年ぶりに、落ち着いて視聴しましたので、久しぶりにゆっくりとみれた感想を。(いらんって? ハイ、そうかも? です(とほん))

まず、オープニング。
前回見たときも思ったんですが、そもそも、このプール 、どこ?
どっかのホテルのプール?

しかも、なんでこのメンバーで普通に来てるの?
サージェスは、全員持ち場を離れてていいのか??(爆)
全員で、骨休め?(エイジは、相変わらず別行動(苦笑))
っつか、アクセルラーはどこにもってんの?
水着じゃさすがに、もてないのでは??

と、突っ込みどころ満載でしたが、相変わらず大食いなのに、なぜかちっとも太らない、薄っぺらい裸体をさらしてる蒼太くんに見とれて、・・・間違えた(いや、間違えてないけど)蒼太くんのさわやかな姿が(はい?)みれたので、ヨシとしましょう。

でも、チーフの排水溝に吸い込まれていった時計が、最後にあそこで出てくるとは、・・・と思ったことと、菜月ちゃんは、なぜチーフの時計を、プールの中に落としちゃったんだ??って謎は残る(ヲイ)

で、水にあがったら、町中に岩山が!!
そして、いつの間にか着替えて、出動している5人(ぶほっ)
しかも、普段からは考えられないくらい、簡単にオープニングだけでのしちゃった、ネガティブシンジケートの面々、なぜ??
って、なぜじゃないですけど。

答えは、明石虹一さんが握ってる(爆)

メイキング見ましたが、チーフ緊張してたね、やっぱり倉田さんとの競演は。

さて、美人のミューズ(は、実はごっつい怖い声だったけど(大笑))が、一番速くに自分へたどり着いた強い人間に渡すって、そりゃないよ。

岩山に、海に、山に。。。と行かされたけど、最終的にチーフが一番につくけどさ、その途中、息子を踏みつけにしてあがってく父親はどうよって話だし、相変わらず、しりとりなんて、絶対菜月ちゃんが勝てない方法でしか、水をやらーん(笑)っていってるブラックより、「ぷ」ではじまる言葉に悩んでる菜月ちゃんに、「プレシャス」と答えんかいって思わず突っ込みそうなところを飲み込んで(は?)「プレゼント」といって、自分の分の貴重な水を分けてあげられてる、余裕かましてるブルーの方が、強いと思うんですけど、先にまで進んだのはブラックだったし~、少なくとも、虫がだめー!って言ってるピンク(それはそれでかわいいけど)より、ブルーやブラックのが、強いだろ!って話で。

結局チーフが一番強いってことになってるけど、こんな選び方でいいのか??ってミューズにつっこみたくなったのは、ワタクシだけではないはず(え?ワタクシだけ??)

ってかさ、ミューズの話からすると、最強のDNAが欲しかっただけっつーなら、チーフと融合しなくても、チーフの髪の毛一本もらえば、すむ話なんでは?って思ったワタクシは、空気読んでない??(げふん)

いやいや、突っ込みどころ満載なのは、それだけ愛が注がれてるってことなんですけどね?(それって、どうよ(爆))

と、そんなこんなな状況をくぐり抜けて、ようやくエイジも参戦。

っつか、テレビ版で劇場版撮影時はエイジがでばってたのは、こういうことだったのね、と今更ながら納得。
そう考えると、今年の電王は、撮影、すっごい大変だっただろうなぁ~と。
一人で4,いや5通りだもんね。
良太郎君、お疲れさま~って、また脱線か??(てへ)

で、最後の戦いは、まあ、なんだかあれこれやってる間に、無事終わったわ!だったのですが、最後のシーン。

泣き虫チーフ(注・子供の頃)の写真に笑いました。
色あせ具合も、手が込んでて(笑)
ホント、蒼太くんがいってた通りだったんでしょうね~。

でなきゃ、虹一さんがあんな写真ずっともってるわけないし、チーフが落とした時計を拾って、まだ持ってたのか。。。っていえるわけ、ないですもん。

いや~親子の絆を見た、映画でした。
チーフんとこじゃなきゃできない話題でしたけどね。
だって、エイジはあんなだし、ますみんは親いないし(いや厳密にはいるけど)菜月は映画上映時はまだ親なしだし、さくら姐さんはべつとしても、蒼太なんて、あの年であの仕事してたんだから、おそらくまともな家族関係に恵まれていたとは、思えない。
だから、チーフんとこでしか、あり得ないネタだったんでしょう。

時間が短いのはご愛敬ってことで(子供が絶えられる時間の限度だし)楽しんで見れたので、終わりよければすべてヨシです。

あ、チーフのお尻の話題忘れてた(爆)
でも、チーフが昔(?)水男子やってたときのこともあるから、なんかびっくりってことは、全然なかったのよね。。。ワタクシったら、すれた人妻かしら?(自分で言うな)

あああ、与太話で終わっていくワタクシをお許しください。
チーフは、現在ドラマ花君の第一寮の皆様と一緒に、ご覧いただけます(知ってるって、ねぇ?) 

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: DVD
轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊

轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2007/03/21
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

電王にデカブルー登場(笑) [特撮系]

さっき、特撮のお友達(って、なんじゃそりゃ)からメール来てて、読んだ瞬間、笑った(爆)

「電王に、デカブルーがゲスト出演するよ!」

って、それだけで、うぉって喜ぶワタクシもどうかと思うが、それだけメールしてくる友達も、どうかと思う。
そこんとこ、どうなんだい?→Lちゃん。

それはさておき。
30話なので、次々回のご出演ですな。

まあ、良太郎くんと同じアミューズなんで、そっち系でゲストになったのかどうなのか、よくわかりませんが(わからないのに、書くな)ワタクシ全然情報通じゃないんで、前出のLちゃんに、こんど詳しくきいときます。

ってか、この時点で、デカブルーって誰やねんって思ってるそこのあなた。

2004年度のSHTレンジャー作品、デカレンジャーをご存じでいらっしゃいますか?
あの、デカレンジャーのデカブルーを演じていた、林剛史くん(神戸市出身!!(嬉))のことでございます。

ちなみに、ヲタク街道まっしぐらなワタクシは、実は、毎年、青い子(去年は蒼い子でしたが(げふん))に夢中です。

っていうか、初代ゴレンジャーの時から、青い子(そのときは、ワタクシの方が子でしたが)に夢中でした。


ええ、ワタクシの趣味は、なにを隠そう(←全然隠してない)
”クールビューティー”
です(←大バカ)

っつか、ワタクシ自身、リーダーとか、そういうの苦手で、ナンバー2が好きなんです。
ものごとを、主観で考えるより(←リーダーは、自身の判断がすべて)、客観で考える方が、好きなんですよ。

だから、2番手の方が楽だし、自由だし~ってことで、もしも自分がどれかになれるなら、間違ってもピンクじゃなくて、ブルーでした。
ええ、いけすかない子供でしたよ(白状)

とうわけで、青い子にめろめろなワタクシが、今現在ゲキはみてないけど(ヲイ)、ウラタロスモードばく進中なのは、予定調和ってことなんでしょうね(てへ)

いや話がそれた。
というわけで、電王30話を、お楽しみに!!

どんな役なのかなぁ~、楽しみだなぁ~。
良太郎君と、ちゃんとからみあるのかなぁ~。

そんなこんなで、本日は、頭おかしい感じで(←これが、デフォ?)
デカブルー、電王ご出演お祝い(はい?)でした。

スーパークールにパーフェクトだよ♪
(↑わかる人だけ、わかってやっててください(苦笑))

スーパー戦隊主題歌DVD ~轟轟戦隊ボウケンジャー/魔法戦隊マジレンジャー/特捜戦隊デカレンジャー/爆竜戦隊アバレンジャー~

スーパー戦隊主題歌DVD ~轟轟戦隊ボウケンジャー/魔法戦隊マジレンジャー/特捜戦隊デカレンジャー/爆竜戦隊アバレンジャー~

  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/20
  • メディア: DVD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

電王スタンプラリー/阪神西宮 [特撮系]

先日の電王は、たぶん映画を見てからみたら、おお、なるほど~♪と思う箇所が、たくさんでてくるんでしょうねぇ~。

っていうか、こういう引きかぁ~?(にやり)
って思う箇所もたくさんありましたが、映画までのお楽しみにしておきます。

そういえば、佐藤くんのブログでも、クライマックスWジャンプと明日のOAは、録画してください!って書いてましたもんね。

さて、その電王と阪急阪神電車の連動企画のスタンプラリー。
阪神電車唯一の指定駅、「阪神西宮」駅へ行って参りました。

画像は下の感じ。
阪神西宮は改札が2カ所あるのですが、阪神百貨店側(西側)改札口から出てくださいね。

自動改札機出てすぐ左手にございます。
一応スタンプはあちらみたいな張り紙ありますが、画像見ていただいたらおわかりいただけますが、なんだか寂しい感じ(苦笑)

まあ、一部のお客様対象なんで、仕方ないんでしょうけど(げふん)

  さて、次は阪急電車巡りだ!(笑)

 

追伸>
京都旅行より帰って参りました。
まだ多少ばたばたしてますが、フォームと配本システムの対応、現時点まで完了しております。
お届けにあがれていない方、おられましたら、早急にご連絡くださいませ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ウルトラマンメビウスがCS登場! [特撮系]

CS TBSチャンネルで、早くもウルトラマンメビウスが登場いたします♪

またGUYSのみなさまにあえますよ~(喜)

って、メビ好きのみなさまは、すでにご存じだとオモワレますが(苦笑)
ついでにCSTBSチャンネルは、すでに、ティガやダイナもやってるんで、ティガ放映当時は、ワタクシの家はビデオだったんで、DVD録画するために現在毎週録画中。

しかし、ウルトラマンマックスが来週(だったっけ?)全話一挙放送なのですが、甥っ子のために録画したくとも、DVDを買い忘れててしてあげられるかどうか、微妙。
ごめんよ、役立たずな叔母で(げふん)

ちなみに7月22日より、毎週日曜日18時~18時30分でOAでございます。

まだ未登録の皆様でも、まだまにあいますぞ!
ご契約がまだな方は、お早めに~♪
(うちは、明石海峡大橋の影響か、地上波よりCSのが断然写りいいので、リアルタイムの地上波よりCSに期待)

不思議ちゃん@ミライくんや、アイハラ=リュウ(未来の隊長(笑))にまた逢えるのが、たのしみでーす♪
(しかし、電王程ファンの(パロ?)小説サイトが見つけられないワタクシっては、どんくさい? それとも、絶対数が少ない? いいサイトをご存じの方おられましたら、こっそりメルフォとかで教えてくださいませ。)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。