So-net無料ブログ作成
社会人のお勉強 ブログトップ
前の10件 | -

エコカー減税、無事通過(苦笑) [社会人のお勉強]

納車がすんだとたん、エコカー減税打ち切りのニュースで、びっくりしました。

納車されてるんで、そもそも申請もすんでるって信じてますが、間に機関が挟まってるから、当人は申請できてるつもりでもできてないケースってあるだろうな。。。
っていうか、成瀬がお世話になってるディーラーさんのおにいちゃんは、減税分が帰ってこなかったら、会社の持ち出しで払ってくれるらしいので、別に成瀬は打ち切りになんら問題はないんですけどね、でも、ディーラーさんも大変だなってものすごく思いました。

ただ!今回日産の一番上位に近いナビをつけたんですけど、走行中はテレビもDVDも映らないってどういうこと??
いや、道路交通法上、テレビ見ながら運転されたら困るから、走行中は写らないって意味、わからなくはない。

でも、走行中以外なら、家でみるっちゅーねん!

って突っ込みたかった。

元々うちの車にはナビなしでしたが、姉の所も、もとだんな様のところも、ずっと成瀬が乗ってきた色々な人の車のナビは、全部テレビ映ってたから、走行中に写らないって基本自体、考えてもなくて、今回びっくりしました。

うちのは、走行中テレビもDVDも見れません。

はっきりいって、ナビはいらないけど、テレビとDVDをみたいがためにつけただけなので、それができないとなると、この20万以上したオプション品は、返品したいくらいの気持ちなんですけど?

って事で、電話したら、最近(ここ2年くらい?)のは全部そうなってるらしい。

ただ、姉の時は、姉が走行中に見たからつけてって依頼したから、純正品じゃないの買ってきて、つけたら見れてるらしい。

成瀬のもとだんな様のがみれてたのも、オートバックスでつけたからってことが判明。。。

ああ、やっぱ免許持ってない人間には、こんな落とし穴が待ち受けていました。

というわけで、ディーラーのおにいちゃんに泣きついて、来週、とある細工をしてもらって見れるようにする予定。
ああ、よかった。

でも、1週間使えないのは、ちょっとクヤシイ。。。

せっかく、通勤時間を使って、DVD学習をしようと思ってたのに(たはは)


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

床下漏水騒ぎの顛末!(漏水分の支払いは?) [社会人のお勉強]

成瀬の家は、30年以上前から、神戸の同じところに建っているのですが、成瀬が3歳のときに新築一戸建てを両親が、今住んでいるこの場所に建てまして、それを終の棲家にするつもりだったのですが、ちょど震災に見舞われてしまい、震災自体は、一部損壊ですんだので、震災後の混乱が大分収まってから、家を新たに同じ場所で建て替えました。

前の家は、基礎自体は、いまや泣く子も黙る(?)勢いの、現ワコーレさん、つまり、昔の和田興産さんに建ててもらっていたので、本当に丁寧なお仕事をしてくださったおかげで(だからこそ、今神戸ではワコーレのマンションだらけといった感じになってるんでしょうね。やっぱり、いい仕事をする会社は伸びるんですよ。きっと。前のうちを建ててくださった頃は、まだまだアットホームな雰囲気の会社でしたモン)全然まだまだ持ちますよって感じだったのですが、2階の成瀬の部屋においてあるピアノの床下補強が不安だったのと、やはり震災でやられてしまった、お風呂やトイレの水周りのタイルはがれ、ヒビなどが目立っていたので、思い切って立て替えることにしました。

で!ちょうど10年前、一大決心した我が家の面々は、神戸駅前にある、HDC(ハウジングデザインセンター)にいって、今はどうかわかりませんが、当時は、そこが、数階ぶち抜きの、多数ハウスメーカーの入ったビルで、モデルハウスが一堂にかいしている、住宅メーカーさんを選ぶには、とっても便利な場所だったので、そこへ参りました。

そして、色々な会社のモデルハウスをみて、会社の方とお話をして、最終的には、積水ハウスさんと、実際建ててていただいた某ハウスメーカーさんのどちらかにって所までいったんですが、人間最後に選ぶのは、お金じゃないんですね。

いや、成瀬は、お金で選びたかったんですよ。
なぜなら、規格サイズが統一されていて、組み立て工法で早く仕上げてくださる積水さんの方が、実はちょっとだけ、見積もり金額が安かったんですよ。
だから、成瀬は、積水派だったんですけどね。

反対派が出ました。

母は、意味わかんないんですけど。。。
いや、もしかしたら、きわめて、女性らしい意見だったのかもしれませんが。
積水さんが嫌だった理由が、先に立替をされていた”おむかいの家が、積水だから同じのはいや!それに、うちのほうが、建てる敷地面積が狭いから(立地上の問題で、家は建蔽率50で、向こうは100OKなので、土地の広さが同じだとしても、家は敷地の半分にしか建てられない状況だったんで、必然的に狭い家になるんですね、ハイ)同じところで作ったら、絶対家のほうがしょぼく見えるし、そもそも積水さんの素材が、汚れには強そうだけど、ちゃちに見えやすい感じじゃない!”
ということでした(とほん、なんという独断と偏見。。。)

で、最後。
(ちなみに、姉はすでに嫁に出ていたので、口を挟む気はなかったようで、決まったら教えてってことでした)
まあ、実際、お金を出す父の意見なのですが。
本当のところ、父はどっちでも良かったみたいなんです。
少しでもお値打ち品のほうが良いじゃんっていう、私の意見もわかるし、毎日家にいる母の意見もわかるし。
なので、最後はフラットな状態で、父自身の意見を聞いたところ、話したときの、営業マンのヒトの感じが良かった、某ハウスメーカーさんの方で。
と、のたまったのでした。

やっぱり、すごいよ、営業マン。

いえね、多分成瀬は営業ができない人で、父はメーカー勤務勤続40年を勤め上げて定年退職したヒトですから、ずっと営業畑でやってきたわけですよ。
ソレを見ていて、でも、実際、営業マンって、こんなに沢山の数いるの?
って、ホントは内心思ってたんです。
そりゃ、メーカーと小売業者さんをつなぐ営業マンの存在は大事ですよ。
でも、これほどの人数はいるのか?って正直思ってました。

成瀬、何もわかってませんでしたね、すみません。

当時、成瀬はまだ20代前半で社会に出てすぐだったので、今ならわかるそういうことも、まだ、営業マンってそんなにいらないんじゃんって思ってた頃だったのですが、そのとき、営業って仕事の大切さと、大変さがわかりました。

だって、最後の決め手は、営業マンの人柄って、あんた。。。

それでいいのか?って感じなのですが、そこが一番大事なんだろうなぁ~と、思ったしだいです。
だって、その人一人の力で、ん千万の額が動くわけですからね、すごいことですよ。 

ただ、成瀬家の失敗は、別のところにありました。

確かに、父がいいヒトだ!と見込んだ営業マンさんは、そのHDCの部署で所長さんをされている方だったので、そりゃ、人柄も良かったんでしょう。
説明も理路整然だし、対応も素敵だったんでしょう。
でもね、実際ふたを開けてみると、大変なことが起きたんですよ。

なんと、契約も済んで、前の家も取り壊して、さあ、新しい家を建てましょう!ってなったときの、その所長さん、転勤してしまったんです!!(驚)

いや、会社員なんで、転勤はつき物ですよ。

仕事は年がら年中あるから、仕事の途中で去らないといけないこともあるでしょうよ!
そこはわかります。
でもね、その後引き継ぐ人間は、ちゃんと見極めて欲しかった(涙)

なんと、父が見込んだやり手営業マン所長さんが指名した(かどうかは、わかりませんが)引継ぎ後の人間は、あれまー!成瀬と同い年くらいの、新人営業マン君でした(号泣)

いや、父は、ああいう性格なんで、所長がある程度地ならしは終えてるから、次の新しい人間を育てようと、抜擢したんだろうよ。それに、新人君は、どんくさそうだけど、とても誠実そうだから、いいじゃないか!って言うんです。
まあね、確かに、最後までとても、まじめで、誠実な方だったと思います。
でもね、仕事はできなかった。

びっくりするくらい、できなかった。

実際、工事が始まって、もう、あれやこれやと不備やトラブル続出で、母なんか、途中でもう家要らないから、元に戻して!って切れたくらいでした。

実際、私と同じ年くらいの彼でしたから、不手際があって当然だったのかもしれませんが、もう少し、それならそれでセンパイに頼るとか、頭使えよ。。。ってかんじでした。
最後の最後で、父が怒って、私が先方の会社とじかだんばんしたときになって発覚したことだったのですが、まじめな彼は、自分の犯した数々のミスや不手際を、どうにかこうにかカバーしながら、工期を回していたんですが、どうにも埋まらない40万という額が出てきてしまい、それを最後、こっちでかぶってくれと泣きついてきて、そんなあほな話あるかいな!って先方の会社に掛け合ったら、実は今までのトラブル全て、会社側が、知らなかったという、恐ろしい出来事が発覚したんです。

そう、彼は、まじめすぎて、全部自分のところでなんとかしようとして、センパイどころか、会社に一切報告してなかったんです!(どびっくり)

でまあ、成瀬もそうそうおこるタイプの人間ではないのですが、当時は法律事務所に勤めていたので、法的手段に出させていただいても良いくらい、酷いことをされてますよね?と、淡々と先方の当人と、上司と、責任者を呼んで、話し合って、まあ、話はおさまるところに収まったんですけどね。

そんなこんなで、なんとか家は建ったんですが、成瀬的には最初からケチガついてる。。。
って思ってたら、やっぱり、6月入居して、梅雨がやってきて、イキナリ雨漏りしました。。。
酷い、酷すぎる。。。

ってな感じで、そこに始まり、もう、ここにはかけないくらいの問題点が、山のように出てきまして、ええ、もうね、ソレ読んだら、今、うちって欠陥住宅?って悩んでらっしゃる方々が、うちなんて、そうでもないかも?って思えるくらいのあれやこれやが出てきましたんでした(おまいがー)

で、結局その時の担当者は代わって、(ちなみに、その新人君は1年後に退職しますって挨拶に来たんですが、きっと彼には彼に向いた仕事があるはずだよ。。。。と思ってました。うん、彼は、公務員向きだ!)今は、結構デキルタイプの方がついてくださってるんで、ようやくあれこれのトラブルも10年かけて収まってきてはいたんですが、ところがどっこい、先日、10年目を迎える今年、キマシタよ、とうとう、特大のトラブルが!!

なんと、床下で、漏水!

いや、最初は、どこの水道もだしてないのに、湯沸かし器が勝手に動いて、種火がつくんですね。
でも、水は出してないから、空焚き?
そんなおそらしい状態を放置したら、家が火事になるじゃん!ってことで、慌ててガスやさんに見てもらったら2週間かかって、ガス器具が原因じゃないと判明(時間かかりすぎ。。。)

で、結局原因は、水漏れって事でした。
そのせいで、水道をひねってないのに、水が流れている状態になってるから、ガス器具が反応して、種火がつきっぱなしになるってことがわかったんですね。

で、慌てて、建ててもらった住宅メーカーに連絡したら、とりあえずクラシアンを行かせますっていうんですよ。

ちょっとまて!
クラシアンさんを、決して非難するわけではありませんが、姉が昔マックで働いていたんで、水のトラブルがあって、それが夜の時間帯だったら、仕方がないので(昼なら、指定業者に連絡するんですけどね)クラシアンさんに対応してもらうってことになってたんですよ。
で、姉はマックで店長してたヒトですから、それが結局、どういうトラブルで、いくらくらいかかったかってことを、知ってたわけですね。

まあ、その額は今書きませんが、半端なかったです。

いや、突然呼ばれても、飛んできてくれて、なんとか治してくださるわけですから、ソレくらいの金額請求されるのは、正当といえば、正当なのかもしれませんが、バカ高いことにかわりはありません。

それをしってただけに、ちょっと待てと。
お宅で建てて、10年たってないのに、床下で水漏れって起こるの?
腐敗とかって、10年たってなくて、するの?
ちょっとおかしいじゃないですか?
って突っ込んだら、担当者から連絡させますとのこと。

10分ほどで、いつもの担当さんが連絡をくれました。

で、説明したら、そら大変だって事で、すぐにクラシアンの出動を止めてくれて、家を建てたときの水道業者さん(ある場所にちゃんと、工事をした会社さんのシールが貼られてるんですよ、ちゃんと見ておくべきですね、よかった、よかった)を連れてきてくれるって事で、3時間ぐらい待ったのかな。。。。夕方に来てくれました。


結論から言うと、水道業者さんは悪くなくて、ちゃんと配管して、保護のテープもぐるぐる巻きにして、完璧に仕上げてはずだったのに、あとの大工さんの誰かが、そこになにかモノをぶつけたみたいで、保護シールの下の配管がめげてました。。。
で、保護シールもあったし、完全に折れてたわけじゃなかったので、10年の時を経て、漏水って事態が発覚するに至ったそうです。

というわけで、無事治してもらえて一安心なんですが。

その水道業者さんは、神戸市の指定業者さんだったので、すぐに漏水の報告と証明書を神戸市の水道局に出してくださってて、いつもの3倍くらいの水道料金の請求が来て、目玉が飛び出したんですが、そこから、漏水分をかんがみてくれる。
つまり、前年度の同じ期の請求額から、今回の膨大な請求額を引いて、その差額の半分を、もってくれるというものでした。
ということはですよ!
実は、かかった金額の、半分は、うちが持たないといけないんですよ!!

なんですとー!

って事態ですね。
なぜなら、ハウスメーカーさんは、全てこちらの責任でしたっていって、治して帰ってくださったわけで。
じゃあ、ガス屋さんの修理費は、まあうちが呼んだし、そのおかげで漏水がわかったから、そのお金は家がもつにしても、この漏水の費用は、うちもちなんですか?ってことですよ!!

で、その件を連絡したら、ゴメンなさい。。。
ってことで、うちもちってことになりました。
まあね、私も会社勤めしてる人間なんで、こういう状況で、現金をうちに持ってくることはできないのわかりますよ。
大体、そんなことしたら、何費でそれを計上するねんって話ですから!
ただ、社会人としてわかっていても、個人として納得できない気持ちもあったんで、ソレはあんまりなのでは。。。って話したら、まあ、本来水道管に関しては、10年たってるんで、そもそもハウスメーカー側の無料補修の範囲ではないんですよ。
ただ、今回はこういう状況だったので、無料で修理もさせてもらってるんで、それでこらえてもらえませんか?と。

もうね、は?

って感じでした。
床下の配管を、何かの強い力でおるような真似、私らがするわけないんだから、そっちが修理するの当然ジャーん?
それを、なんか、サービスでしてあげた的な言い回しっておかしくないか?
って思ったんですけどね、まあ、それが会社ってモンだから、この営業マンさんを悪く言っても始まらないし、先日はすばやく対応してくれたら、じゃあ、他の何かで埋め合わせをしてもらえないのか話したところ、長いお付き合いをしていくうえで、また10年過ぎたら、あちこち補修とか出てくると思うんで、そこで埋め合わせをさせていただけないかって事でした。

で、成瀬は、それでOKってことにしました。

ついでに、もう、治して欲しいところをお願いもしました。
だって、そんな口約束、また前の所長みたいに、今の営業マンさんがどっか転勤になったら、なかったことにされてしまいそうだったので、そういうことは早め早めにってことで。
ただ、来月梅雨が来ちゃうんで、今月中にお願いする時間があるかどうかが、今微妙なところなんですけどね。
日程の件は、また両親と相談して決めようと思ってます。

しかし、今回人生で初めて漏水を経験して、過失がなくても、水道局は半分しか持ってくれないんだ。。。
って事がわかりました。
しかも、その金額の指針が、前年度の同じ時期(確かに、月度によって使う量違いますからね。でも、住んでる人間が前年と今年で違ってたら、増減あるきがするけどね(苦笑))でってこととか、普段の生活ではわからないことだったのですが、わかってよかったです。

ただ、今回は神戸市の指定業者の方がしてくださったので、実質私たちにはなんの手続きの必要性もなかったのですが、これが違うとことかだったら、もっとややこしかったかどうかは、謎ですけどね。

まあ、10年迎えたら、色々問題出てきそうだな~。
先手必勝!今度のリペアきてもらうときに、一通り家もみてもらおう!うん、そうしよう!!と思った、一日でした。 

あ、ちなみに、気になるかもしれない、成瀬家を建ててくださった、とある住宅メーカーさんは、「家をつくるーならー♪」のところです、って、ばればれやん(爆))


nice!(0) 
共通テーマ:テレビ

GREEのプロフィールが来たけど。。。 [社会人のお勉強]

成瀬は、基本的にPC派なので、携帯は、ある意味公衆電話代わりにしか使ってないのですが、そんな成瀬相手に、チャレンジャーな友人がいまして、GREEの招待状っていうか、GREEではここにいるよってタイトルのメールが来てました。

つまり、友人のGREEのプロフィールに直つながるURLがメールに載ってて、クリックして来いって意味なのはわかるのですが、成瀬は携帯そんなにさわんないので、意味ないぜって思ったのですが、その後、ふつーに相談メールが来て、意味がわかりました。

実は、友人はGREEに自分のコミュを持ってるのですが、もちろん自身が管理人で、プラス、サポートと呼ばれる方々に支えてもらってコミュを管理しているのですが、一部、そのサポートと呼ばれる方々が、仕事をちゃんとしてくれないらしく、でも、そもそも自分のコミュのサポートをしてもらってる人だから、自分の友人でもあるわけで、仕事してくれないから、サポートやめてっていえなくて、困ってる。
だから、助けてって意味で、成瀬に送ってきたらしいです。

成瀬は、皆様の暖かいお心のおかげで、10年以上も、ダラダラと(いや、いたって、本人にやる気はあるのですが、実情が伴ってないので、現実がダラダラになってるだけで、決してダラダラする気はないんですけどね、。。と、言い訳してみる(苦笑))自分のWEBを管理させていただいてるのですが、当初は、今考えてみたら、ものすごいアナログなBBSとかも、もちろん管理してて、管理人の大変さは、そこそこ知ってるつもりなんで、友人がコミュの管理人として、とても困ってる状況は、ものすごい理解できるんですけど、でも、思うのですが、WEBにしろ、コミュにしろ、そこそこやってないと、疲れるってことを、アドバイスしておいたのですが、ただ、成瀬はGREE自体を良く知らないんで、コミュの管理って、やっぱり、自己満足のWEB管理とは違って、参加者の方あっての存在だから、いい加減ではいけないんでしょうかねぇ~?

WEBは、自分のHPなのわけですから、やるもやらないも、自分の判断というか、自己責任、自己満足でOKなんですけど、GREEのコミュってのは、あまり良く知らないのですが、やっぱり、そのコミュに参加してるほかの人に対する責任ってのが、管理人の人には発生して、だからこそ、サポートの人もしっかりしてもらわないといけないのかな~なんて、わからない人間なりに考えてみたり。。。

ホントは、友人の誘いに乗って参加してあげたら一番良いんでしょうけど、基本成瀬は、必要最低限しか、携帯触らないからな~、それじゃあ、サポートとして、役立ってない人と同じだと思うんですが、友人いわく、パソコンからでもログインできるから大丈夫!っていわれて。

でも、仕事中にログインして遊んでられるほど、うちの職場暇じゃないしなぁ~と、解決策が見つからないまま、まだ参加してません。

なんか、友人に対して、いいアドバイスあれば、ご助言お待ちしてます。

っつか、成瀬はGREE自体をあまり知らないので、役立たずでゴメンって感じです。

しかし、GREEってやってる人多いんですよね~、会社で、結構してる人いるからそう思う。
パソ派と携帯派でいえば、多分今って、携帯派の方が多いんだろうなぁ~。
うーん、携帯苦手って、成瀬も、年か?(とほん)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

働く女性は、ホントに勝間さんのように、なれるのか? [社会人のお勉強]

NHKの「知る楽」をみるのが、結構好きな成瀬です。
今のオススメは、「怖い絵」ですが(笑)
いや、それはさておき、木曜日の、仕事学のすすめは、結構ためになります。
とくに、去年のわがドラッカー流流経営論は、だからユニクロに不況は関係ないんだと思わせましたし、最初からすごく気になってた、前・杉並区立和田中学校校長の、回は、結構真剣に見ました。
藤原氏の語る、スピード突破力は、教育は奇跡を生む可能性が一番高い分野なのに、なんで、こんな人がいっぱい校長をしてくれないんだろうなぁ~って、すごい考えさせられました。

そんな、中身の濃い仕事学のすすめですが、実は、初回放送時に見逃してしまって、そのご気になってた勝間さんの「働く女性 課題克服論」が再放送されて、成瀬は喜び勇んで拝見させてもらいました。

--------------概要は下記の感じ

※2009年8月のアンコール放送です。

8月の主人公は20代から40代のワーキングウーマンに絶大な人気を誇る経済評論家で、番組トランスレーターを務める勝間和代さん。今や働く女性のロールモデルとなっている勝間さん。しかし20代から仕事上で様々な逆境に直面、それを持ち前の「学習意欲」と「戦略」で乗り越えてきた。外資系企業に入社するものの「英語」と「プレゼン」が出来ない。マネージャーになるものの部下を上手に統率できない。うまく断れないため連日深夜まで働く日々、、、、。次々と襲う働く女性に共通する仕事上での課題を、勝間さんはどの様に克服してきたのか。4回シリーズでじっくりと掘り下げる。
---------------(C)NHKより抜粋
彼女は、その著書のタイトルがすごく目を引くので、書店へ行けば、大抵彼女の本というか、名前を目にすることができるんですが、断る力も、年収がアップする方法も読みましたが、どれも正しいのですが、実際、それを今の等身大の自分が実践して、彼女同じようなリターンがあるのかといえば、多分、その答えは、”ない”だと思うんです。
成瀬は、確かに勝間さんは、働く女性のロールモデルであり、そういう存在があればこそ、働く女性たちのモチベーションもアップするわけで。
まあ、現実に仕事のモチベーションをアップさせるには、職場でのコミュニケーションと気分転換らしいのですが、 それとは別次元の考えとして、”理想”としての、働く女性像が、勝間さんなんだろうな~って、このOAを見るまで思っていました。
実際のところ、彼女の著書に目を通し、WEBを拝見して、書かれていることのなかで、自分がやれることは、とりあえずやってみよう!と、思ったくらいですから、成瀬も所謂勝間さんのファンなのかもしれません。
でも、心のどこかで、自分は、勝間さんのようにはなれないって、最初から冷静にというか、客観的な判断を下している部分がありました。
まあ、その一番の理由は、彼女の経歴は、およそ、一般的なワーキングウーマンのそれとは、違っている気がしたからです。
日経ウーマンとか、成瀬はちょいちょい読むのですが、確かに、その紙面に紹介される方々と、同じような立場や仕事をしている方も沢山いると思います。(だからこそ、雑誌そのものが成り立っているわけですし)
けど、読者の半分・・・とまでは、いかないかもしれませんが、ソレくらいの人は、彼女たちのような立場で仕事をしているとは、思えないのです。
成瀬は、大学を出てから、3つの職場を経験しております(つなぎバイトの運送会社のデータ入力を除けば(笑))
1つめは、新卒で就職した法律事務所。
ここは、自分が一番つきたかった仕事でしたし、上司にも恵まれ、ここのボスと奥様とは、結婚式にも来ていただきましたし、未だにお付き合いがあります。
辞めた理由が、体調不良だったので、ホント、辞めたくて辞めたわけではないからだと思うんですけど、ありがたいことだな~と。
ただ、5年勤めてて、思ったことは、私は決して、丸の内のOLさんのようなきらびやかなOLには、この先いくらかかってもならないだろうな~と思ってました。
お給料の問題とかじゃなく、根本的に、出世していって、人の上に立つ(=チームをまとめたり、企画を通したり。。。)ような人間には、なれないだろうなと。
仕事自体はすごく好きでしたし、一生懸命してましたけど、しょせん、与えられた仕事をそつなくこなすことしかできてない人間だったと思ってました。
自分から、仕事を取りに行くようなことは、決してできない人間だと。
それでも、仕事をそつなくこなす自分に満足してなかったわけではなく、やれることは、全部一生懸命やってたつもりで、先生もそれは認めてくれていて、ただ、残念なことに、途中で体調を崩してしまって、辞めざるえなくなったわけで。
で、ちょっとだけ休んで(この間に、運送屋さんのデータ入力バイトをしたのですが、この経験はある意味結構貴重でした。流通の世界を知ることができたので)某、通信販売会社のテレオペに再就職しました。
最初は、受注対応、入力のオペレーターでしたが、あっという間にバイトの子の統括になって、その後は、教育係→クレーム対応部署→SVという、コールセンターの典型的な出世といえば、出世を果たすわけですが、それは、望んでそうなったわけではなく、あれよ、あれよと、そんな立場になってしまってて、結局7年近く勤めましたが(途中結婚したんで、契約社員のままでしたが)仕事自体は嫌いではありませんでしたが、自分の意思で、その仕事、その地位を目指したわけでも、手に入れたわけでもない以上、勝間さんの語る、働く女性像とは、ちょっと、・・・いや、大分違うって思っていました。
というか、今でも思ってますけど。
で、現在の職場。
今の職場は、恐ろしいことに、入社15ヵ月後には、(まあ、年齢が年齢だったというのもありますが)主任を任されてしまったという現実が待っていて、文字にすると、今までどの職場も恵まれてるし、立場的にも、順調に出世したじゃん!って言われてもおかしくないことなのかもしれないのですが、主体性がないなって、思ってしまうのです。
仕事は嫌いじゃないし、いや、どっちかというと好きなんだと思います。
ゆえに、自分がついた仕事に対する「学習意欲」と、元々O型の、紙一重で大雑把どころか、根っからのめんどぐさがり屋の私は、いかに手を抜くかを考えるのに血道を上げる人間ですから、それが結果として、仕事の効率化を生み、仕事をこなす上での「戦略」となっていったんだと理解しています。
なので、勝間さんが自分の道というか、今の立場を確立するために費やしてきた「学習意欲」と「戦略」も、成瀬は多少なりとも持ち合わせているはずなのですが、どうやったって、勝間さんのようにはなれないと、思うんですよ。
っていうか、少なくとも、私の周りには(=同世代で考えるならば)日経ウーマンで紹介されるようなワーキングウーマンや、勝間さんのような人は、いないんですけど。。。
彼女たちの意見や考え方を実践していけば、本当に、そういう人間になれるんでしょうか?
今の私の最大の謎は、ソレだったりします。
勝間さんの本を読んだから、彼女のしてる努力を真似てみたから、イコールソレが、彼女のような人間になれるって意味ではないことくらいわかってはいますが、少なくとも、若干近づくことくらいはできるのではないか?と思って、その著書を手に取ったりするわけですよね?
でも、結局成瀬は、どうころんでも、勝間さんのようにはなれない気がするんですよ。
フィールドが違うとか、そういう意味ではなく。
ただ、今回この再放送をみれてすごく良かったなと思うことは、今までの成瀬は、心のどこかで、こういう人たちは、ほんの一握りの人たちに過ぎない=特別な人って思っていました。
けど、ぶつかった壁も、とってしまった行動も、乗り越えようとした努力も。
そのどれもが、普通に自分と同じような世界で起りえるできことで、パーフェクトではなく、七転び八起きみたいな、そういう普通の、自分と同じ人で、同じ働く女性なんだなって、親身に思えたことでした。
唐突に話しちゃって、回りとコミュニケーションが取れなかったとか。
マネージャーになってからの、苦労とか。
多分、中間管理職のつらさって言うんですか?
そういうのが、すごく、みにつまされました。
 あ、あと、「怒らない」「ねたまない」「愚痴らない」
の下りなんて、思わず、翌日会社で、自分のデスクに書いた紙を貼ってしまった位ですもん。
成瀬は、内心めちゃくちゃ腹が立ってても、怒ったところでどうなるもんでもないって、いい意味でも、悪い意味でも、諦めのいい人間なので、基本怒ることがなくて(逆に怖がられてるかもしれませんが)、一応、自分の本意ではないところを除けば、役職も与えられて、自分より年上の方にも仕事をしてもらっている側の立場にいるわけですから、ねたむってことも、まあないんですが。
ただ!
愚痴る。
これだけは、めちゃくちゃあります。
家に帰って、散々愚痴ってます。
もう、よく毎日、それだけ愚痴る内容が出てくるなぁって思われるくらい、愚痴ってます。
愚痴らないと、やってられないです。
仕事できなさすぎの人間が多くて。。。。
と、毎日思ってたのですが、これって、実はすごい怖いことだな~って気づいたんですよね。
人の仕事を愚痴るってことは、自分ができてると勘違いしてるわけで。
自分だってまだまだだってことを忘れてるんですよね。
自分がまだまだだから、チームが生きない。
生きないから、愚痴が生まれる。
あれ、それって、自分のせいぢゃん。。。
って、気づきました。
仕事は一人でできないんで、競争してはいけない。
チームで仕事をうまく回していくことが、自分も楽になるし、自分のチームの人間も、楽しく仕事ができる。
毎日、家に帰って愚痴を語ってるくせに、会社ではニコニコしてる、だからソレに疲れて、また愚痴る。
そんな負のスパイラルを、抜け出さねば!って、すんごい思いました。
今のところ、OAみてから、三毒を追い出す努力を続けられています。
結論から言うと、勝間さんのような、できる女には、やっぱり成瀬はなれないと思うし、未だ、彼女のようなひとは、ほんの一握りの特別な人にしかできないような生き方だとは思っていますが、彼女たちの克服論を自分に応用することはできるし、それをすることで、自分なりのいい仕事を、主体性のない人間でも、それはそれでいいじゃないか!
成瀬は、所詮、御輿に乗る器じゃないし、乗りたいとも思えない人間だけど、けど、御輿の担ぎ手がいなきゃ、御輿は動かないんだから、それはそれでいいのかもしれないと、今は思えます。
ある意味、成瀬は、このOAで何かを克服したのかも?(笑)
だから、このOAを見れて良かった。
ただ、勝間さんのような人に、誰もがなれるとは、未だに思えないんですけどね(ヲイ)
いや、なれた!って人、いたらゼヒ、聞かせてやってください☆そのお話を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

自分でカンタン確定申告☆ [社会人のお勉強]

確定申告の時期ですねぇ~。

皆様、もう、確定申告は、お済みですか?

っていうか、サラリーマンの皆様は、会社が年末調整でちゃんとやってくれている、・・・はず、なんで、不要でしょうけど、それでも、還付申告が発生する方々もおられると思うので、お忘れなきように☆

ちなみに、日本の税に関する考え方は、自己申告。
だからこそ、確定申告を、自分でするのですが、いつも不思議に思います。
本当に、あの提出した申告書の、すみからすみまで、忙しい税務署職員の皆様はチェックされているのだろうか?と。

ちなみに、成瀬はサラリーマンなので、会社が年末調整してくれているのですが、別途チョコチョコ申告しないとだめなことがあるので、毎年自分で確定申告しています。
あと、成瀬父が、会社をリタイヤしてから(する前は、還付申告だけでしたが)は、年金&天下り先(っていうほどのところでもないですが)の会社からの収入もあるので、確定申告をしています。

ただし!確定申告は、自己申告か、もしくは税理士さんといった有資格者の方にしか代理申告してもらえないので、当然、成瀬父の申告は、本人にさせてるというか、申告させてるというか、そういう感じでやってますけどね、一応(一応?)だって、成瀬が代理申告したら、手が後ろに回りますって(爆)

で、話を戻して。

大体、還付申告は、医療費とかそういうのが多いと思うのですが、あのレシートとか領収書の束(そもそも10万超え(一部収入によりますが)しないと、だめなんで)を、一枚一枚貼ってますけど、本当に全部目を通しているのでしょうか?

成瀬の家は、成瀬父も、成瀬も、悲惨なほど視力が悪いので、眼科で処方箋を出してもらって、めがねを作っています。
なので、作っためがねは、当然眼科医の領収書付なんで、医療費控除の対象です。

といった具合に、意外と医療費を使ってるので、控除が少ない成瀬(父は、配偶者控除とかあれこれひけますが、成瀬はシングルなので)のところから、家族全員分の医療費控除を受けることとなるのですが(税率が、一番高いところから差し引くのがお得ですから☆)毎回、領収書を貼りながら思うんですよね、・・・とりあえず私は虚偽申告してないけど、本当にこれは、見られているのだろうか?と。

一度で良いから、医療費控除の虚偽申告で、税務署から呼び出しのかかった人に逢ってみたい。
そしたら、本当にチェックしてたんだって、納得できるから(苦笑)

恐らく、抜き取りチェックだと思うのですが、まあ、運悪く抜き取られて、よび出されるのもいやなので、二回ほどチェックしなおして出しますけどね。
それでも、時々ふと、・・・こんな見られることもないようなものを、せっせと書いている自分はなんなんだろうか?と、むなしい気分にさせられることもありますが、まあ、6月までには、還付金があるのですから、それを楽しみに、ガンバレ自分!と思って、せっせと確定申告ですよ。

っていうか、還付申告から数えると、すでに10年以上この作業やってますけどね(昔は、成瀬父の住宅ローン控除とかもあったし)あの頃に比べると、断然楽になりました。

だって、パソコンの画面で、あいてるところに数字を当てはめてくだけで、申告書ができるんですもの!とっても素敵。
成瀬は、まだイータックス使ってないんで、ネット上でデータだけ打ち込んで、紙に印字して、税務署に提出に行くのですが(郵送だと、不安だから、いつも、手渡しです)昔みたいに、ちんたら用紙をもらいに行って、一つ一つ手で書いてたんですからね~複写式の紙に。

あれに比べれば、もう、余裕のよっちゃんですよ(ふ、古い。。。)

なので、めんどくさい。。。と思って、確定申告。。。は、まあコクミンのギムなんで市内と駄目ですけど、還付申告を放置してる皆様、おられましたら、ゼヒ、確定申告のHPへGO!です。
還付金で、ちょっと美味しいものでも食べにいけちゃいますので、WEBを覗いてみてください。

あ、ちなみに、成瀬は、ネット収入分が今年は20万を越えなかったので、そっちの申告はなしですが(今年は13万ちょっとだったので)複数箇所から収入を得ている方は、確定申告をお忘れなく~。

いつか税務署員にやってこられるのは、恐怖以外の何者でもないですから!(だって、その頃には、絶対領収書なんて残してないから、何一つ控除できない!なんて、地獄が待ってると思います(苦笑))

それはそうと、成瀬はどれくらい税金を取り返してるかというと、大体頑張って、毎年3~5万位は、還付していただいてます。
これはこれで、結構楽しみ☆

なので、今からちんたら医療費控除の書類からなにやら、作らないと駄目なんですけど、頑張りますよ~。
だって、税金は自己申告のはずなのに、基本サラリーマンな成瀬は、会社で勝手にすでに、取られてますのでね~(まあ、それが当たり前なのですが)
とられた分は取り返す!!

を、合言葉に(なんの?)頑張ってまいります☆
ただし、肩のコリが、休みの日なのに、一向になおりませんけどね。。。(とほん)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TOEICと、CA採用試験について考えてみた(笑) [社会人のお勉強]

成瀬の知人で、現職がグランドホステスで、でもホントはCA目指している方がいます。

成瀬的には、グランドホステスで十分じゃん。
っていうか、グランドホステスだって、明らかに、成瀬にはなれねぇって思ってるんで、彼女のことをソンケーのまなざしで見ているのですが、彼女は、現状で満足する人間じゃないようで、現職を勤めながら、日夜CA採用試験の勉強に勤めていらっしゃいます。

成瀬からすると、そんな、無理しなくても、最初から天職だと思ってなかったとしても、今の仕事を5年もしてたら、それはきっと、天職なんだと思うんですけどね。
だって、5年出来てたら、とりあえず一人前にはなってるはずなんで。

でも、彼女は自分の天職をグランドホステスとは思ってないようで、そして、彼女の話を聴いていると、そう思ってCAを目指して勉強している人は、グランドホステスの方の中には、結構沢山いるそうです。

いや、一昔前なら、すっちーといえば、すごいきらびやかな職業って気がしてたんですが、現実を知ると、大変っていうか、全然きらびやかじゃないって言うか、体力勝負?
どっちかっていうと、体育会系?
って気が無きにしも非ず。

もっとびっくりするのが、CAなんだけど、月に2回とか、3回とか勤務がない人。
他の日は何してるんですか?
って聴きたくなりますが、当然、CA以外の副職についているそうで、派遣とか?契約とか?そういう、正社員じゃない、仕事についているそうです。

っつか、月に2,3回の仕事をが自分のメインで、それ以外の仕事が副職っていうのは、どうなの??
給料の割合的にいって、明らかに副職のほうが、給料高いと思うんですけど。。。と、航空業界は、成瀬にとって、謎だらけの世界でした。

ってか、月に2,3回だけ乗務するのってどうなんだろう?
現実問題として、同じ路線の、同じメンバーとだけ仕事するんでしょうけど(でないと、仕事内容忘れそうだから)そこまでしても、CAにこだわる人の気持ちが成瀬にはわからない。
いや、多分、わかりようもないんだろうけど。

けど、彼女を見たり、そういう話を聴いていると、そこにかける情熱というか、気合というか、その覚悟というか、必死さだけは、めちゃくちゃ伝わってくるんで、そういう夢の職業なんだろうな~CAって。と、漠然と思います。

で、そんな彼女も、実はそこそこ年がきているので、そろそろ国内の航空会社が難しくなってきた分、最近は外資系を受ける気になったみたいで、それはそれでいいのですが(ただ外資は、訓練が現地っていうか、当然雇用も現地ベースだから、国内ベースじゃないだけ、今期が遠のきそうだ(苦笑)いや、一部国内ベースの航空会社もあるそうだけど、少ないらしい)そこでも壁が。。。

国内だと、年齢の壁があるのですが、言葉の壁は若干低くTOEIC600あれば、ギリなんとかなるらしい。
実際、彼女は650だけど、それで問題はなさそうなんで。
ただ、外資系となると、年齢の壁はさほどないようなのですが(でも、実年齢より、見た目が大事らしい。ESの写真重視?)今度は、言葉の壁が出て来るそうで、彼女は困っているようです。

二次までいっても、最後のところで、英語で自分を最大限アピールできないところが、CA採用の道を閉ざしていると感じている模様。(そこまでは、ESとか、英語でも考えて書くことが出来るから、及第点は取れるらしいのですが、実際の面接でも緊張するのに、それが英語となると、そりゃ、緊張するわな。。。)

というわけで、TOEICレベル底上げ作戦に出た模様(笑)

で、成瀬もなぜか、一緒に努力する羽目に(アタシのバカ・・・)

やり方は、それぞれ自由なのですが、当然スタートラインが、彼女より低い成瀬は、ハンデをもらって、600点突破が目標。
彼女は、750点突破が目標。

でもね、彼女は自分のCA採用への道っていう、でっかい目標があるから、そら、650から、100も一気に上げて、750突破っていうのは、並大抵の努力で出来るとはいいませんよ。
でもさ、成瀬も、大学生のとき、弁護士事務所の仕事が決まらなかったら、就職浪人して、青年海外協力隊で、ベトナム行くつもりで、英語やってたときは、そらTOEICもお試しで受けたけどさ、それって、現役バリバリの学生だったから出来たことで、そこからすでに10年以上たってんだから、600超えって、結構難関だと思うんですよ。

だから、目標設定時に、せめて、500超えにしてっていったら、大学でてる人間で、しかも、今現在の仕事柄、英語と中国語が多少なりとも無関係じゃない仕事してるんだからさ、今何もしない状態で受けたって、最低400後半はあるだろう人間の目標を500に設定してどうすんの?ってあきれられました。

でもちょっとまて。
そもそも、アタシが400後半ある保障なんて、どこにあるんだ?
学生のときならまだしも、絶対400切ってる自信、アタシにはある!
って答えたのに、無視されました、これいかに?(ほろろ。。。)

っていうか、990点満点とってる人間が、ごろごろいるんですから、やってやれないことではないんでしょうけど~、成瀬はぼんじんなんで、そんなの無理ー!せめて550とか、大阪のおばちゃんの値切りみたいに値切ってみたけど、受け付けてもらえなかったんで、結局、目標設定が、600突破に決定。

先に言っとく。
絶対無理だから(爆)

だって、来月から、うちの会社、年度末よ?
4月に向けて、人も入れ替わるし、新年度の準備も今からすでに始まってるのよ?
明日だって、クライアントと新年度の打ち合わせだっつーの!(しかも、結構曲者の相手(号泣))

なのに、スタートラインが、2月は準備期間。
3月スタートで頑張ろうね☆ってどういうこと?
せめて、3,4月は、なかったことにして?って言いたかった。

でもいえなかったけど。

というわけで、なぜか成瀬も、TOEIC600目指して、頑張ることになってしまいましたが、とりあえず、どっから手をつける?
学生のとき、お世話になったZ会か?
と思って、サイトいって適正診断したら、通信が向いているらしい。
努力を惜しまない、起業家化向きなんで、通信教育で大丈夫☆なんて、気楽な結果でてたけど、成瀬はなにより、ながいものにまれてたいタイプなんですけど?
ナンバー2が大好きなんですけど?
なにごとも、頭はいやなんだ~!!

と、叫んだところで、スコアが上がるわけではないので、ちんたら、単語からはじめるか。。。と、すごすご昔のテキスト出してくる私って、ちょっと友達思い?って、別の友人に話したら、ただのバカだって一蹴されました。

でもまあ、実際、彼女の言うとおり、今の私の仕事は(厳密に言うと、前の仕事でもそうでしたが)英語と中国語は出来たほうがいいので、やって無駄ってことは何一つないんですけどね。

ただ、この忙しい日々に、どうやってその時間を見つけるのかが問題。

あ、これ書いてる間にやれって?
おっしゃるとおりで~!!(げふん)

とりあえず、TOEIC500レベルの方で、スコアアップを狙って勉強中の方、いらっしゃったら、成瀬にも適切なアドバイスや励ましの言葉をお待ち申し上げております。
あ、あと、必勝法とかあれば(いや、ないだろ?)

ちなみに、成瀬は海外旅行に行くと、相手が何を言っているのかはわかるけど、自分がそれに上手に答えることの出来ないタイプです。
そして、逆に、成瀬姉は、相手が何を言っているのか正確に把握できてるわけじゃないけど、成瀬が聞き取って、姉にこう答えたいって言えば、それに近しい答えを、(間違うことを気にせず)明らかな日本語英語で、臆面もなく、会話を返せる人間です。

なので、成瀬と、成瀬姉がいる限り、我が家は、海外旅行でツアー参加ってことはありえないのですが、二人でひとつ~♪じゃないですけど、片方の能力しか有してない成瀬姉妹でございました。

しかし、どっちが得なんだ?

言ってることはわかるけど、答えられない人間と

いってることは、いちいちわかんないけど、とりあえずこちらの意志は伝えられる人間と

よくよく考えると、後者か。。。
成瀬のは、しょせん受験英語の賜物で、成瀬姉のは、フィーリングで生きてる証なんだろうな~と、納得。

あ、最後に。
目標設定を先にクリアしたほうが、某ホテルのレディースプラン(もみもみコース(爆))を、おごることになってるんで、ちょっと本気出します。
5月から(待てコラ)

いや、だって、まぢで、3,4月は仕事がきついんだって!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

鎮魂の灯 神戸ルミナリエ [社会人のお勉強]

今年もこの季節がやってきましたね、神戸ルミナリエ。

今年もいってまいりました、会社帰りに(いつもそのパターン?)
神戸っ子ならご存知の、はばたんとワケトン(ごみの分別を記載した、市が発行してるワケトンブックに登場するキャラクター。特技はごみの分別?(爆))がきてくれていました。

毎年、開催のための資金不足で困窮してる神戸ルミナリエ。
今年なんて、特に不況でサンタも来ないってご時世ですから(でも、親御さん、インフルエンザが流行ってるからサンタもこれないって、その言い訳はあんまりだと想う)企業からの協賛金もそうそうでないし、警備も大変出しで、色々大人の事情があるんでしょうけど、今年は15回目。
とりあえず、成瀬が生きてる間は(は?)続いてくれたら、嬉しいので、100円募金の呼びかけには、当然参加してる頭数分、入れさせていただいております、毎年。

で、ちなみに、前述のはばたんとワケトンがきてたのは、100円募金したら一緒に写真取れるみたいで(いや、そうは書いてなかった気がするけど、あの状況だと、募金しないと、写真だけトラセロは、あんまりだと想う)成瀬もはばたんと取りたかったのですが、大人気ないので辞めました(大笑)

いや、一緒にいった人は、成瀬のそういうとこ、わかってくれてる人だったんで、別に写真取りに行っても、喜んでシャッター押してくれそうだったんですが、ま、お子様がいっぱいいたんで、イタイ子の姿をさらすのはどうかと思い、踏みとどまりました(そんな言うほどのことか?)

ちなみに、通路はさんで隣同士で、はばたんとワケトンのブースがあったのですが、やはりというか、当然というか、はばたんのブースが込み合ってました。

まあ、知名度の差かもしれませんが、知名度で言えば、ホントはワケトンの方が、知名度高くないといけないんですけど(ごみの仕分けは、全市民のやるべきことですからね)やっぱここは、見た目の差?
やっぱり、見た目が9割なのか?(ぶほっ)

いや、成瀬はワケトンすきですよ、あの、はす睨みちっくな目つきが、ある意味かわいい(それは褒めているのか??)

さて、そんなあほなことばっかり言ってますが、ホント、あの光の回廊には癒されます。
震災で被害を受けた人に、あれだけで癒されろとは言いませんが、きっと、無駄ではないと、風化しないためにも、いいことだと想います。

来年も、ここでこうやってルミナリエの話が出来ることを祈って。。。
(ちなみに、会場で流れる全編ラテン語の歌詞も、聞き入ると素敵な歌詞です。気になられた方は、ゼヒ、れっつ検索!(不親切極まりない成瀬))

追伸:PASS請求、配本請求、感想等、いつも頂いている皆様、本当にありがとうございます。
だらだらな成瀬ですので、相変わらず遅れがちな対応ですが、どうぞゆるされて。
感謝の気持ちは、溢れんばかりにありますので。
というわけで、昨日までのご請求分に関しては、ようやく対応済みです!
いつも、いつも、遅筆な上に、対応も遅い成瀬ですみませんー!!

b155.jpg人が多かったので、アングル悪くてすみませぬ。。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

auさん、そりゃないよ。。。誤請求? [社会人のお勉強]

今日、久しぶりに、目の玉が飛び出るほど驚く現象にでくわしました(苦笑)

っていうか、成瀬はKDDIっていうか、au利用者なんですけどね(なのに、なぜso-netブログ?なぜ、KDDIのラブログでないのか?との問いは、そっと心にしまって置いてください(爆)成瀬は、諸事情で、メインプロバイダ3つ持ってるんで、おきに、なさらずに。いやまて、すでに3つ使ってる時点で、それはメインとつけていいのか?って突っ込みも、今は忘れて置いてください)なので、携帯代の請求は、当然auさんから届くのですが、今月の請求額を見て、びっくりしました。

ええ、ホント、久しぶりにおどいた!

人生初の、携帯代2万円超え!!

いや、今の時代、携帯代が2万円超えたことくらい、全然たいしたことじゃないと思うんですけど、なんせ、成瀬は、携帯はホントはいらない人っていうか(仕事で使う分は別として)公衆電話の代わり位にしか思ってない人なんで、全然活用してないんですね、携帯を。

なので、ホント、携帯代なんて1万円の壁すら越えたことがないような人なんで、それがある日突然2万円超えてくるなんて、もう、晴天の霹靂。
auさん、桁を一桁間違えてませんか?って思わず聴きたくなりました。

で、どこでそんな高額請求に至ったのか確認したら、

「有料コンテンツ利用料:21000円」

って、なんですか?ソレ(号泣)

っつか、成瀬は携帯でWEBしませんから。
有料コンテンツ利用することなんて、ありえませんから。
間違って、ezwebボタンに指が触れたら、慌てて「切る」を押す人間ですから。
そんな人間が、携帯でショッピングなんて、とんでもない。

有料コンテンツも、まとめて支払いも、やったことねぇ!

っつーか、厳密に言うと、アクセスするときの4桁のパスワードさえ、うろおぼえ。
実は、忘れてるって言うのが、実情かもしれないって人間が、どうやって、有料サイトにアクセスするんだ!
そもそも、まとめて支払いってのを調べたら、ちゃんとパスワード答えられないと、支払えないらしい。
つまり、現状、ほとんど使った覚えがないために、初期設定したはずのパスワードが思い出せない成瀬は(それはそれで問題、でも多分コレだろうって言う可能性があるパスワードは思いつくけど)有料コンテンツを利用することも、ショッピングで支払うことも出来ないはずなんですけど?

なのに、21000円って、これいかに?

多分、税込みってことは、2万円プラス消費税ってことなんでしょうけど、そんな高額なコンテンツってなにさ(苦笑)

ひとつ可能性があるのは、先月携帯を修理にだしました。

でも、出したときは初期不良かなんかで、お金かからないはずだし、お金のことは、修理のときに何も言われなかった。
かりに、かかってたとしても、多分、成瀬は最初の時点で、安心サポートかなんかって言う、修理が必要なときに、修理代がかからないかなんかのに入ってるんで、それはいらないはず。

じゃあ、この2万円はなに?誤請求??

そりゃないよ、auさん。。。

とりあえず、こんな時間から電話しても、紛失、盗難以外はオペレーターさんとお話できないから、明日電話しますけど、明日仕事だから、いつかけたらいいんですか~??って感じ。

っつか、コレの結果、有料コンテンツを勝手に使ってってことになってたら、どうなるの??(いや、一応携帯調べたら、その形跡はなかった)

やっぱり、可能性として、修理か、そのときになんか誤って端末入力されたのかな??よくわからないけど、とりあえず、明日時間があれば、KDDIさんへ、電話だ!!

わらかす結果になってたら、またここで、報告します。

でもホント、こんなこと初めて。
実は成瀬の父がau関係の人なんで、そのつながりで、大学生のときからau(当時は関西セルラー)愛用者なんで、すでに10年以上のお付き合いなんですけど、こんなこと初めてです。

うっすーのリアクションより、存在が薄いと突っ込まれてる嵐のリーダー(笑)大野くん並みの落ち着きを持って(あれは、落ち着きなのか??(爆))明日電話頑張ってかけてみます!
しっかりしたオペレーターさんに、当たりますように!(大事なのは、そこなのか?)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

たった10人で奇跡に挑む~風が強く吹いている~ [社会人のお勉強]

小出君主演映画「風が強く吹いている」
(注:書いてから気づきましたが、無駄に長くて、なにげにネタバレってますので、ご了承の上、お読みいただければ幸いです)

今週の土曜日、封切ですね☆
今週のお仕事は、これだけを楽しみに、がんばってる成瀬です(ぶほっ)

先日グータンに出てた小出くんが面白すぎました。
今まで言われて、一番ショックだったことば(傷ついただったかな?)

「ちっさいオトコ」

ってそりゃ、いっちゃーだめだべ(言った彼女さん?(笑))

私が、”胸、ちっさ!”って言われる哀しさより、500倍くらい哀しいべ(それ、比べる対象おかしいから(⇒自分))

いや、でも、ホント、成瀬は胸小さいし、元だんなさんにも言われたし、自覚もしてるし。
でも、おしゃれイズムで言ってた小出君みたく、成瀬もお尻は胸並に良いらしいけど、それはなんの慰めにもなりません、成瀬は女だから(爆)

いやいや、そんなあほ話は置いといて。

(蛇足ですが、頭いいし、かっこいいし、英語しゃべれるし、・・・何が出来ないの?って真顔で聞かれて、恋愛が出来ないって答える小出君に爆笑。
いや、きっと、ちゃんとできるから、それは。
ホントね、ホント、何が出来ないの?って聴きたいよ、私も)

で、映画ですよ。
杮落とし(っていうのかな?映画館でも)に小出君がこの作品の試写と共にやってきてくれた、MOVIXココエあまがさきに、土曜日いってまいりますよ!
もちろん、初日ですとも、ええ。
はりきっていってきますよ。

ちなみに、泣くの必至なんで(はい?)ココエで、初日に映画見ながらむせび泣いてる30ん才のメガネちゃん(気合入れてみたい映画は、コンタクトでなくて、よく見えるめがねで見ると決めている成瀬はあほです、ハイ)がいたら、それは成瀬です(大笑)

だって、泣くよ。
小説読んだだけで泣くのに、あれを小出君やバッテリーの林君がやってくれるんだよ?
それに、他のメンバーも最高だし。(森君も、好きだ(大笑))
ある意味、メビウス対決(←ちゃうやろ)もあるし。
ルーキーズメンバーだっているし(←関係ない)
仮面ライダーだっているし(←もっと関係ない)
話題には事欠きません。

なので、成瀬は最初から最後まで泣いてるかも知れません(嘘)

いや、とりあえず、原作小説しってるから、最後もどうなるかわかってるんですけど、そういう問題ではなく見たい。

箱根駅伝を目指したこともなければ、今更、目指せるような年の人間でもないけど、絶対これを見たら、走ることの意味、ひいては、生きることの意味を考えること間違いなし。

ってか、どっかのインタビューで小出君が答えてたけど、俳優だったら、何で自分は俳優をやってるんだろう?とか、そうやって何かに疑問を持ち続けなければ、人はそこで終わりだと思うみたいなこと答えてて、成瀬もずっと、稚拙な小説書きながら、人が生きていくのって、そうやって何かを考え続けて、悩み続けて、迷い続けて、自分に問いかけつづけてくのが、生きるってことなんだと思ってて、それがイコール成瀬にとっては、モノを書くことでその穴を埋めようとあがいてるわけで。

そうやって、あがき続けることに意味があるって思うので、この小説は、もう、成瀬のストライクゾーンど真ん中でしたね。
そして、映画も、そうなることを期待しています。

孤高の天才役がオハコの林君に、精神的支柱役がオハコの小出君。
にくい配役を決めてくださったものだと、感心しきりですが、見る前からこんなに興奮してて、成瀬は大丈夫なんでしょうか?(知らん!そんなことっていわれそう(てへ))

ちなみに、成瀬はどがつくほどの運動オンチなんですが。
いや、まぢで。
だって、小学校の体育は、5段階評価でアヒルさんでした、ハイ。
唯一、水泳だけが得意で、水泳の授業の評価があるときだけ(つまり2学期だったっけ?)かろうじて、4でした。

話は脱線しますが、あとになってわかったことなんですけど、うちの小学校は結構水泳に力を入れていたみたいで(大人になってくうちに、そんなことしてた小学校は、私の周りにほとんどなかった。公立だったのに)水泳は、初級から、1,2,3とか段々級が上がっていくのですが。
最初は、泳げる長さ、次が種類の多さ、最後がタイムの順に評価が12段階くらいに分かれてて、マジックテープでつけられる色1本から、水泳の帽子のちょうどおでこの部分に、その評価の色マジックテープが貼られるんですね?

毎年、授業の一番最初と最後に試験(?)みたいなのがあって、それで評価がきまるんですよ。

で、一番上が特級で、確か、3種目以上50メートル泳げて、なおかつ最低ラインのタイムがあって、あと、遠泳500と潜水25が出来てたら特級だったんですね。
マジックテープの色は、忘れもしない、黒3本。

そして、この特級の人の特権は、水泳授業の時間中、コースの一番端っこのレーンで、なんでも好きなことやっててよかったんです(爆)

つまり、水泳授業の最初で特級が取れれば、あとの水泳授業は遊んでてOKってことだったんですよ。
これって、ある意味すごいっていうか、そんな放任でいいのか?
って今にして思うと、驚きを隠せないのですが。

とりあえず、成瀬はこの特級もらってたんで、そのときだけは体育が4になったんですね。

でも、それ以外のときは、当然アヒル。

だって、50メートル走らせたら10秒かかるんですよ?
オリンピックだったら、倍の100メートル軽く走られてるっちゅーねん!

逆上がり出来ない、鉄棒なんて、見たくもない。
逆立ちも当然出来ない、マット運動なんて、もう、マットの上で寝てたいくらいなにも出来ませんでした。
できたのは、でんぐり返し位?
森光子さんにも、負ける勢いです。

あと、幅跳びしても、30センチくらい?
それって、飛んでるの?こけてるの?って笑われます、ハイ。

自分で敗因はわかってるんです。

ただ単に、どんくさいんです。

だって、徒競走でピストルがなった瞬間、みんなは走り出してるのに、私の視界には、みんなのお尻しか見えてませんから。
ええ、なったと同時に走り出すなんて芸当、成瀬には出来ません。

なので、運動会の徒競走は、いつだって、後ろの組の一着でした☆(自慢できない)

そんな子ですが、中学、高校と6年間テニス部に所属して、周りを驚かせたんですけどね、あの運動オンチの子が、なぜに運動部??と。
(しかも、結構強豪チームで厳しかった(爆))

その理由はたった一つ。
負けず嫌いな成瀬は、長距離だけは、得意だった。

そう、運動オンチなのに、長距離が得意っておかしいですよね?
長距離走れるなら、もう少し、他もマシに出来るだろ?って。

でもね、そうじゃないんですよ。

長距離って、そりゃ、箱根駅伝目指しましょう!レベルに言ったら、そうもいってられない話ですけど、そうじゃなければ、実は、そんなに運動能力が高くなくても、走れるんですよ。

だって、早く走る必要なんかないんです。
走り続ける根性さえあれば、長距離でいい記録をだすことは、意外と簡単なんです。

短距離が致命的に遅い成瀬ですが、よく考えてみてください。
まあ、マラソン選手とか、プロの選手の話はおいておいて。
とりあえず、普通のランナーで考えたとき、短距離と同じスピードで、長距離が走れます?
無理ですよね?

100メートル走る速さで、10キロ走ったら死にますって。
でも、100メートル走るのがものすごく遅い子が、その100メートルを走るには、ものすごく遅いペースのまま、ただそのままの力で10キロを走り続ける根性があれば、長距離でいい記録が出せると思いません?

長距離って、そういうことなんです。

淡々と走り続けられれば、いずれその走り続けることになれてくる。
慣れてきたら、早く走ってる感覚なんて全然なくて、普通に走ってるつもりが、実はそれが速かったという結果がついてきたってことに過ぎないんです。

当人にとっては、ただ単に、走り続けることを辞めなかったってだけで。
同じペースで、淡々と走り続けることを、途中で諦めなかった、手を抜かなかった、立ち止まらなかった。
ただ、それだけなんだと思うんです。

だから成瀬は、結局人生も、長距離も同じような気がするんですよね。

成瀬は短距離が全然駄目でしたが、その全然駄目な人間が、駄目なまんま、でも、途中で辞めずに走り続けてたら、長距離になったとき、結構頑張ったんだなって思える結果が出たってことで。

ちなみに、マラソン大会とかだと、大体学年10番ギリって感じのラインでした。(生徒数が、500位いた時代ですから、女子がその半分と見積もっても、250人中10番ってラインは、とても50メートル10秒台の人間の順位とは思えないと思いますが、それが事実だったりするんです(笑))

なので思うんですよ。
走ってるとき、苦しくないって言ったらうそになるけど、走ってるときって時間あるから、色々考えるんですよね。
しんどいなぁ~やめたいなぁ~。
別に、そんな必死に走ったって何があるってわけでもないし。
コレ走る意味あんのかなぁ~って結構考えるんですよ。

ほら、キロ単位走ってたら、時間だけはたっぷりありますから(ぶほっ)

でも、そのいろんなこと思いながら、抱えながら走ってるってことが、生きてるってことだし、苦しいからって足を止めたり、こっそりペースダウンしたら、そこで負けって気がして、少なくとも私は、それが出来なかった。
一度負けたら、負け癖がついて、ずっと負けてく気がして。
たかがマラソン大会でも、やめることが、出来なかった。
出来なかったから、結果として、そこそこいい記録がついてきたってことなんだと思うんですよ。
いうなれば、”がんばったで賞”って感じ?
決して、運動能力が優れていたってわけではないと、自覚しています。

だから、ハイジがカケルに、長距離選手への一番の褒め言葉は”速い”ではなく”強い”なんだって伝える場面があるのですが、駅伝でも、人生でも、走り続ける孤独な戦いに勝つために必要なのは”速さ”ではなく、真の”強さ”なのだということが、ハイジの言葉と姿勢で、ひしひしと伝わってきました。

そういう強さに、きっと誰もが憧れる。

君の代わりはいない。
君が変わるんだ。

本当に、この映画を見ていると、そういわれている気がしてきてならないです。

多分、世の中の大半の人は、箱根駅伝になんの関わりもなく生きてると思うし、私もその一人です。
それでも、正月の箱根駅伝が、知らない人がいないくらいメジャーなのは、人がそこに、人生のドラマを見るからなんだろうなって思います。

箱根路は走らないけど、自分の人生は走り続けないと、だれも代わりになんて走ってくれないし、そんなことしても意味はない。

だから、ホントは皆走ってるから、箱根駅伝にいろんなことを投影するんだと思うんです。

28日OAのNEWS ZEROで、風が強く吹いているがカルチャーのコーナーで紹介されていましたが、小出君が、前回の箱根で8区途中棄権だった城西の(当時)2年生ランナー君に逢いに行ってて、そのとき彼が、あのときの自分は、自分一人がちゃんと走れたら、それに結果がついてくると思ってたけど、ホントは違ってた。あの襷をつなげなかったときの自分を支えてくれた仲間がいたから、もう一度箱根を目指せる、感謝してるって語ってた(意訳してますが)のを聴いて、ものすごい身につまされた。

実際、自分の人生だったら、自分ひとりちゃんとやってたら、結果はついてくるもんだって思いそうだけど、でも、そうじゃない。
自分ひとりで頑張っても結果がついてこないときもあるし、自分の力だけではどうにもならないような外的要素が絡み合ってこそ、人生だし。
でも、ある程度自分に自信があったら、一人でもいけるって思っちゃう。

思っちゃって、こけて、初めてそうじゃないって思える人がラッキーなのかときかれたら、それは難しいけど(こけなくてもわかる人だっているし、そうじゃないって気づかないままでも、生きていける人もいるから)少なくとも成瀬は、ある程度の自信だってなかったくせに、そうじゃないって、人生で一回(いや、数回?)こけて、学びました。

城西の彼が、大学2年生にして、それをまざまざと思い知らされたのは、結構試練だったのかもしれませんが、若くしてそういうことを知れたのは、成瀬的には、いいと思ったし、多分、映画を見たら、同じようなことを、疑似体験できる気がします。

そして、こけた後に見える何かが、そこにあるのが、この映画の素晴らしいところ。

ゴールの向こうに何が待っているのか、小説でラストを知っている人でも、ぜひ、実写で、動いている彼らを見に行っていただけたらって思います。
成瀬は、嬉しそうに、参りますから。

だって、聴きたいじゃないですか。

ハイジの「頂点が見えたかい?」が!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

”ススムモノ”って、一体ナンナンダ? [社会人のお勉強]

久しぶりにびっくりしました。

ええ、何にって、新しい部下の後輩ちゃんの一言に。

仕事中に、いきなり「ススムモノ」ってなんですか?って聞かれた。

は?と思って、彼女のほうを向くと、彼女が見てた資料が、商品説明の資料だったので、私の耳がおかしくて「ススムモノ」に聞こえただけで、本当は「ツツムモノ」って言いたかったのかもしれないと思い、

私 「ああ、それね。その商品は、のしはつけられるけど、形が形だから、包装紙は無理なのね。だから、ツツムモノはナシってことで」

後輩 「いえ、だから、ススムモノってなんですか? 」

私「・・・・。いや、だから、包むものはついてなくて、のしはOK。
あ、もしかして、袋のこと言ってるの?
だったら、紙袋は有料だけど、ビニールの袋なら希望したらつけられるよ」

とりあえず、仕事の性質上、どういった商品の扱いについての説明は除きましたが、一応上記の説明で、”ツツムモノ”のことを聞いているのなら、こと足りると思って答えたのですが、違ってました。

後輩 「いえ、だから、この”ススムモノ”ってなんですか? 」

そう聴いた後輩の彼女は、手元の商品資料のファイルを指差しながら、私に見せたそれは、なんと!!

【 進物 】

って書かれた項目でした。

ええ、確かに”ススムモノ”かもしれません。
でも、どこにもフリガナふってねぇよ!
っつか、どうやったらそう読めるんだ!!

本当に、こけそうになりました。
いや、マジで、手にしたファイルを、彼女の顔面に向かって投げつけてやろうかと思いました、なめてんのか、てめぇは!って。

そりゃ、彼女はかなり出来ない子のぶるいにはいりますけど、そりゃ、できなさすぎやろ?っつーか、どうやったらシンモツとススムモノって読めるねんと、あきれるの通り越して、疲れました。

すごいね、真顔で言ったよ、この子。

と、思いながら、「シンモツ」知らない?って聞いたら、不思議そうな顔をして、そう読むんですか?ってか、それってなに?って顔してました。
ついでに、お中元とか、お歳暮なら、しってるよね?って聞いたら、

「聞いたことはあります」

って答えました。

ある意味すごいよ。
だって、知ってるじゃなくて、”聞いたことはあります”だよ?

逆にいうと、聞いたことはあるけど、よくは知らないって意味だよ? 

贈った事も、贈られたこともないんかい。
って、いいそうになりつつ、そのあと自分がどんな説明を彼女にして差し上げたのか、正直記憶が定かではありません。

それほど、衝撃的スギでした。

これが、新卒の18歳なら、世間知らずの、箱入り娘だったんだね。
ご両親の愛につつまれて、幸せに育てられてきたんだよ。
かわいいね、致し方ない。
・・・・の、笑い話で済んだ話ですが(いや、私は小学生の頃でも、シンモツは知ってたと思うが、まあ、それはいいとして)彼女は後輩といっても、私といくつも変わらないのです。

あなたは、30余年に及ぶ人生で、一体なにを学んできたんですか??

って聞きたくなりましたが、それをいっちゃーおしめぇだとおもって、耐えました。
だって、曲がりなりにも、私は彼女の上司。

でも、こんな部下いらねぇ~って、部長に返品したかった(号泣)

これは、私の指導不足なんでしょうか?
それとも、部長からの、嫌がらせなんでしょうか?
もしくは、こんな子を押し付けられたと思ってしまう私の被害妄想なんでしょうか??

誰か教えてぇ~!!

って、叫びそうになる自分を抑えつつ、明日からも、仕事です。
ぐすん。

でもいいの、がんばる。
シンモツを知らなくても、きっと彼女にもなにかいいところがあるはず。
それを引き出すのが、私の仕事。

仕事は何をするんじゃなく、誰とするのが大事なら、彼女も大事な私のチームの一員よ!と、まるで、スポ根のように自分に言い聞かせて頑張るつもりですが、ホントに、なんとかなるのかしら?

誰か教えて~!!

とりあえず、こんな夜は、ゆずのあれを聴いて、寝てしまおう!

 

『そりゃやりたく無い事たくさんあるけどさぁ
どうでもいいじゃんって事無いにせよどうにかなるもんさ
そんなもんだろう』

そう、そんなもんだよ!!
ガンバレ、アタシ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 社会人のお勉強 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。